« 『ミッション:8ミニッツ』 | トップページ | 『同級生』 »

2011年10月31日 (月)

『戦場カメラマン 真実の証明』

今日は、劇場未公開の洋画をひとつ、ご紹介♪

この作品の主演のコリン・ファレルって、5、6年くらい前まではイケメンなだけの大根役者やなぁっていうイメージやったんやけど、ゴールデングローブ賞を受賞した『ヒットマンズ・レクイエム』あたりから演技に個性が出てきたし、その後の『プライド&グローリー』『クレイジー・ハート』では驚くほど演技が上手くなったと思うんよね。

そんなコテコテのアイリッシュの彼が奮闘する作品の感想は......?!

戦場カメラマン 真実の証明 / Triage   ★★★☆☆   (2009年)

監督:ダニス・タノヴィッチ

出演:コリン・ファレル、パス・ベガ、ケリー・ライリー、クリストファー・リー、ジェイミー・シーヴェス、ブランコ・ジュリッチ、イアン・マッケルヒニー

親友であるふたりの戦場カメラマンは、クルディスタンの紛争地域で撮影を行っていたが、一人が妻の出産に立ち会うために帰国を決意したため、離れ離れになるのだが......ってなドラマ?!

戦場という悲惨な場所に身を置き、様々な体験から次第に精神的に追い込まれ、やがて心を閉ざしてしまう男、そんな彼の心の闇を描いてくってな内容なんよね。

話の流れにそれほど派手なものはないんやけど、そんな中にあって、心の傷を抱えて静かに葛藤を繰り返すっていう役柄を、ちょっと“やさぐれた”雰囲気を出しながら、コリンくんが見事に演じてるんよなぁ!?

それにしても、原題の“Triage”ってのは、治療の優先順位という意味で、それが戦場での悲惨なエピソードを物語り、重要な意味を持ってるだけに、どっかのタレントまがいのカメラマンが人気になったのに乗っかったのかは知らんけど、このベタな感じの邦題は、ちょっと気になってまうよなぁ.......?!(苦笑)

« 『ミッション:8ミニッツ』 | トップページ | 『同級生』 »

映画」カテゴリの記事