« 『毎日かあさん』 | トップページ | 『アレクサンドリア』 »

2011年10月 5日 (水)

『インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実』

今日は、ドキュメンタリー作品をひとつ、ご紹介♪

この映画、今年のアカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞したんよね。数年前の経済危機の原因を探った内容になってるんやけど、当事者となったアメリカ人にしたら、放ってはおけない“事件”なわけで、それが受賞につながったんやろね。この内容を観たら、ちょっとハラワタ煮えくり返るよなぁ(笑)

まぁ、アメリカの危機は世界の危機であり、当然に日本も相当な影響を受けたわけやし、個人的にも“なけなし”の資産に損害が出たから、それほど笑ってられないんやけどね!?

ここ最近は、ヨーロッパを起源とする新たな経済危機が懸念されてるわけやけど、それに備えるという意味でも、過去から学ぶのにもってこいかも。

というわけで、作品の感想は.........?!

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実 / Inside Job  ★★★☆☆   (2010年)

監督:チャールズ・ファーガソン

出演:(声)マット・デイモン

2008年に巻き起こったサブプライム・ローンをきっかけとした“リーマン・ショック”と言われる世界経済に深刻な影響を与えた経済危機がなぜ起こったのか、その問題を追及したドキュメンタリー?!

80年代以降のアメリカの経済界で何が起こっているのか、そして政治と財界の強すぎるつながりがもたらした結果が一体何だったのか、そんな問いかけを、関係者へのインタビューをもとに明らかにしていくんよね。

集中する権力に、それを利用しようとする者、そして富を独占しようとする欲深き人たち、あまりにも巧妙に作られた“システム”に、ある意味、感心させられてもうたね(苦笑)

そんな中で、含み笑いで演説するブッシュくんの顔を見ると、なんや異常に腹がたつやんね。ここまで“ヒール”な大統領ってのも、ある意味すごいかもなぁ....なんて!?オバマくんが今苦労しているのも、結局は誰かさんの後始末のせいってことなのかもなぁ。

しかし、冷静に考えてみると、結局のところ一般人はエエように踊らされ、気がついたら頭のいい(?)人たちに搾取されてるわけで、権力者が権力を持っている限り、どこにも自由も平等もないってことなんやろね。それがひとりの政治家であれ、官僚であれ、ね!?

現代の“経済”の真理とは......そんなとこ?!

« 『毎日かあさん』 | トップページ | 『アレクサンドリア』 »

映画」カテゴリの記事