« 『ステイ・フレンズ』 | トップページ | 『ザ・ファイター』 »

2011年10月11日 (火)

『恋するマドリ』

今日は、邦画をひとつ、ご紹介♪

いや、別に新垣結衣に特別な思い入れはないし、菊池凜子のダメっぷりを検証しようってつもりでもなくて、松田家の長男坊が出てるんで、とりあえずチェックしとくかってな感じで手にとったんやけどね。

まぁ、予想どおりのアイドル女優のお披露目がメインといった作りで......ってことで、とりあえずは感想を......?!(苦笑)

恋するマドリ   ★★☆☆☆   (2007年)

監督:大九明子

出演:新垣結衣、松田龍平、菊地凜子、中西 学、ピエール瀧、江口のりこ、内海桂子、世良公則

同居してた姉がデキ婚で部屋を出たために、貸家からアパートに引っ越した美大生、その部屋の元住人の建築士の女性が偶然にも貸家に移り住み、さらにその元カレが絡み......ってな恋愛ドラマ??

いやねぇ.....出だしから素人のプロレスラーやら芸人やらが出てきて、中途半端にまったく笑えない演技をするもんやから、ツカミからドン引きしてもうたよ(苦笑)

しかもメインのキャストの演技もなぁ......まぁ、これが映画初主演の新垣くんがヒドイのは仕方がないとしても、菊地くん、スゴイよね。最近の演技と大して変わらんところを見ると、この大根は相当、根が深いとみた!?(笑)

そんな拙い学芸会ドラマは、さらに演出がすばらしく......ヒドイんよ!必死に盛り上げようとするあまり、羽田が国際線の空港になってまうあたり、当時はまだバリバリの国内線空港だっただけに、とりあえず「その演出、狙いすぎやろっ!」ってツッコミを入れつつ、飽きれてもうて苦笑いするしかなかったね?!

まぁ、松田家の長男坊がいくら個性を発揮しても、こんなアイドル女優の“提灯”映画では、なんや虚しさだけしか残らんよなぁ......ご苦労さま♪(苦笑)

« 『ステイ・フレンズ』 | トップページ | 『ザ・ファイター』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事