« 『同級生』 | トップページ | 異才 ラース・フォン・トリアーを考える ① 『ドッグヴィル』 »

2011年11月 2日 (水)

『生き残るための3つの取引』

今日は、韓国のサスペンス映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、たまたまレンタル屋で手にした別の作品の予告に入ってたのが妙に気になって、試してみたんよね。なんで気になったかって言うと、主役のファン・ジョンミンっていう俳優さんの顔に見覚えがあって、その予告での彼が醸し出す雰囲気が渋くて、警察の腐敗をテーマにしてるらしい話とマッチしてる気がしたんよ。

韓国映画でもメロドラマはどうかと思うんやけど、この手のクライム・サスペンスには、意外と当たりがあるってこともあって、少し期待して観た作品の感想は......?!

生き残るための3つの取引 / Bad Deal   ★★★☆☆   (2010年)

監督:リュ・スンワン

出演:ファン・ジョンミン、リュ・スンボム、ユ・へジン、チョン・ホゾン、マ・ドンソク、チョン・マンシク

少女ばかりを狙った連続殺人事件が起こり、重要参考人を誤って射殺してしまった警察は、民衆を納得させ、警察の体面を保つために、ノンキャリの刑事に真犯人をでっち上げるように指示するのだが......ってなクライム・サスペンス?!

警察や検察と裏社会との黒い交際、警察内部の権力争いに、警察と検察の対立、ひとつの事件を巡り、その裏側で繰り広げられる騙し合いをスリリングに描いてるんよね。

組織の腐敗っていうテーマは、それほど珍しいものやないんやけど、このドラマ、なかなかヒネリが効いてて、楽しめるんよ。

揺さぶり、揺さぶられ、誰に有利に転ぶか分からない中で、帳尻を合わせようとして、どんどんとドツボにはまっていく様が、なかなかテンポよく展開するあたり、悪くはなかったかな?!

韓国の原題がどういう意味になってるのか分からんだけに、何とも言い難いんやけど、話が目まぐるしく流れが変わるだけに、邦題の“3つの取引”ってのが具体的にどれを指してるのかが分からず、ちょっとムリがあるような気はするんやけどね?!(苦笑)

« 『同級生』 | トップページ | 異才 ラース・フォン・トリアーを考える ① 『ドッグヴィル』 »

映画」カテゴリの記事