« 『バトル・オブ・リガ』 | トップページ | 『シチリア!シチリア!』 »

2011年11月29日 (火)

『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』

今日は、邦画をひとつ、ご紹介♪

この映画、ひそかなブームになってる(?)“裁判の傍聴”をネタに、そこで繰り広げらる人間模様を描いてるんよね。

裁判員裁判が始まって、しばらく経つけど、まだ身近に裁判員になったっていう人がいないので、正直、あまり裁判自体に関心はないんやけど、これを観ると、少しは変わるかな??

というわけで、そんな作品の感想は......?!

裁判長!ここは懲役4年でどうすか   ★★★☆☆   (2010年)

監督:豊島圭介

出演:設楽 統、片瀬那奈、螢 雪次朗、村上 航、尾上寛之、鈴木砂羽、堀部圭亮、斎藤 工、徳永えり、平田 満、日村勇紀、竹財輝之助

売れない脚本家の男は、ある時、映画のプロデューサーから裁判員制度で注目される裁判をネタにした映画の脚本を依頼され、リサーチのために裁判を傍聴することに......ってなコメディ作品?!

万引きから殺人事件まで、法廷で裁かれる様々な事件を使い、裁判官や弁護士、被告に傍聴人といった、裁判に関わるちょっと個性的な人々の様子を面白おかしくってね?!

まぁ、爆笑するような内容ではないんやけど、それなりにクスっとはできるデキやったかな。ちょっと“ヤリすぎ感”はあるんやけど、コメディだけに、ある程度はデフォルメはせんとメリハリがつかんってとこか?!

意外やったのは、主役に抜擢の設楽くんが、うまく力の抜けた演技をしてたところかな。その演技素人なところが、役柄に合ってたってことかもね。

映画の作品としての評価は、ボチボチといったところなんやけど、ただ、少し裁判を傍聴してみたくはなったかなぁ......ちょっと野次馬的な下世話な興味ではあるんやけど.......?!(笑)

« 『バトル・オブ・リガ』 | トップページ | 『シチリア!シチリア!』 »

映画」カテゴリの記事