« 『コンテイジョン』 | トップページ | 『バトル・オブ・リガ』 »

2011年11月27日 (日)

『アントキノイノチ』

今日は、公開中の作品の中から邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、公開前から海外の映画祭で高評価ってニュースを耳にして、ちょっと期待してたんよね。原作は読んでないんやけど、“歌も歌えるMC”で有名(?)な“さだくん”が書いてるってことで、ますます気になってなぁ.....(笑)

というわけで、そんな作品の感想は.....?!

アントキノイノチ   ★★★☆☆   (2011年)

監督:瀬々敬久

出演:岡田将生、榮倉奈々、松坂桃李、染谷将太、原田泰造、津田寛治、吹越 満、鶴見辰吾、檀 れい、柄本 明、宮崎美子、堀部圭亮

高校時代の辛い体験から心のバランスを崩してしまった青年は、社会復帰すべく、遺品整理業の会社で働くことに。そこには、同じように心に傷を持った同僚がいて.....ってな、生きることについて考えるドラマ?!

ボロボロになった心を抱え、生きる意味を見失った若者が、その主を失い、部屋に遺された物を整理しながら、自分自身を見つめ直し、再生への一歩を踏み出すってとこなんかな?!

なるほど話としては悪くないんやけど、なんやろねぇ、この“シックリ”とこない感じは。最後を含め、ちょっとベタすぎる展開と、所々に見受けられる話の強引さ、そんな演出のマズさに乗り切らんのよなぁ。

そんでもって、顔アップの映像で感情を露わにって狙いなんやろうけど、それをするなら映される側にもうチョイ演技力がないと、ちょっとキツイわなぁ?!(苦笑)

贅沢にベテランと中堅どころを揃えてみても、この作りをするなら、やっぱりメインがしっかりせんと.......ねぇ、榮倉くん!?まぁ、というわけで、作品としての評価の方は、とりあえずボチボチ......としときますか?!(笑)

« 『コンテイジョン』 | トップページ | 『バトル・オブ・リガ』 »

映画」カテゴリの記事