« 『ミスター・ノーバディ』 | トップページ | 『50/50 フィフティ・フィフティ』 »

2011年12月 9日 (金)

『岳 -ガク-』

今日は、今年の夏に公開されてた邦画をひとつ、ご紹介♪

この映画、原作は人気漫画らしいいんやけど、そんな原作どうのに関係なく、個人的には主演のふたりを見て、「そりゃないやろ~」って思って、迷わずスルーしたんやけど、公開当時は意外と評判がよくて、ちょっと気になったりもしたんよね。

特に長澤くんが好演なんて耳にすると、「ホンマかいな??」って思わず聞き返してみたくなるやんか!(笑)

というわけで、とりあえず半信半疑で試した作品の感想は......?!

岳 -ガク-   ★★☆☆☆   (2010年)

監督:片山 修

出演:小栗 旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介、石田卓也、やべきょうすけ、矢柴俊博、尾上寛之、波岡一喜、宇梶剛士、光石 研、中越典子、市毛良枝、渡部篤郎、ベンガル

山岳救助隊に配属されてきた女性警察官は、そこで北アルプスをこなく愛するひとりの“山バカ”の山岳ボランティアと出会い、様々な経験をしながら成長していくのだが......ってなアクション&ドラマ?!

山を知り尽くした男の優しさや強さを描きながら、山の素晴らしさや恐ろしさを描きつつ、そこで繰り広げられる様々なドラマを....ってことなんやろね。いやぁ、冬山の映像、観てるだけで寒くなるよなぁ.....それに小栗くんの演技、“寒い”よなぁ.....?!(苦笑)

というわけで、まぁ、山がすべての、どこか天真爛漫なキャラってのは分かるんやけど、それが軽すぎるセリフ回しでしか表現できんところが、笑えないコメディなんよ。心のこもらないセリフに説得力はなく、アホらしさにドン引きしてもうた。

それに加えて、毎度の長澤くんの“半開きの口”に非力なロッククライミング、それで救助隊って言われても.....ね?!

演出も、いろんなエピソードをツッコんで盛り上げたいのは分かるんやけど、どれもアザとくて、逆に山をバカにしてるようにも思えてなぁ.....?!

そこまで真剣にけなすような価値のある作品でもないんやけど、なんだかなぁって思うよね(苦笑)

« 『ミスター・ノーバディ』 | トップページ | 『50/50 フィフティ・フィフティ』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事