« 『フォー・クリスマス』 | トップページ | 『デザート・フラワー』 »

2011年12月20日 (火)

『Beautiful Sunday ビューティフルサンデー』

今日は邦画とひとつ、ご紹介♪

この作品、実はちょっと前に駅前のTSUTAYAが100円レンタルをやってた時に、どうせなら失敗してもエエような、マニアックな作品でも観てみるかって、手にしたやつなんよね。

なぜこの作品やったかっていうと、監督の中島哲也に興味があったんよ。中島監督と言えば、『下妻物語』『嫌われ松子の一生』といった個性的な作品で有名になったやんね。

ちょっと当たりハズレが大きい印象もあったんやけど、『告白』でのあまりの作品としての完成度の高さに驚いてもうて、そんで改めて初期の作品を試してみたくなったってわけ。

そんなわけで、作品の感想は.......?!

Beautiful Sunday ビューティフルサンデー   ★★☆☆☆   (1998年)

監督:中島哲也

出演:永瀬正敏、尾藤桃子、山崎 努、益岡 徹、岸部一徳、中村久美、遠藤京子、香川照之、松尾伴内

閑静な住宅街にあるマンション、そこに住む住人たちの、とある日曜日の様子を描いたお話?!

風変わりな管理人に、冴えない脚本家とその妻、イジメにあってる小学生の女の子、ストーカーされる女など、それぞれにどこかズレた登場人物たちをオフビートな調子でってことなんやろうけど.......どうやろなぁ.....(苦笑)

意外にもハードボイルドな出だしに、少し期待を抱いたんやけど、その後のハズレ具合に最後まで気分が乗り切れず、ちょっとマッタリしてもうたよ?!

個々にみれば、それなりにシュールな笑いがあることはあるんやけど、あまりにもメリハリがなさすぎて、耐えきらんかったってとこやろか。

まぁ、確かに後の作品の個性の原点を垣間見るってなことで、作品の存在価値はあるんかもしれんけど、これだけを純粋に評価しようと思うと、ちょいとキツイかもなぁ.....100円でよかった.....?!(苦笑)

« 『フォー・クリスマス』 | トップページ | 『デザート・フラワー』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事