« 『海炭市叙景』 | トップページ | 『ミスター・ノーバディ』 »

2011年12月 7日 (水)

『ファンタスティック Mr.FOX』

今日は洋画のアニメ作品をひとつ、ご紹介♪

これアニメと言っても、人形を使って撮影してるもんやから、ちょっと独特な映像に仕上がってるんよね。2009年のアカデミー賞のアニメーション部門でノミネートされて、その他のメジャーな賞では受賞したのもあるから、結構、評価されてたんやと思う。

個人的には、以前にお気に入りとして紹介した『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』の監督であるウェス・アンダーソンの作品ってところが気になるところやったんやけど。

というわけで、そんな、ちょっと異色な作品の感想は........?!

ファンタスティック Mr.FOX / Fantastic Mr.Fox   ★★★☆☆   (2009年)

監督:ウェス・アンダーソン

出演:(声の出演)ジョージ・クルーニー、メリル・ストリープ、ジェイソン・シュワルツマン、ビル・マーレイ、エリック・アンダーソン、マイケル・ガンボン、ウィレム・デフォー、オーウェン・ウィルソン、ジャーヴィス・コッカー

丘の上にある木の家に引っ越したキツネの一家。かつて大泥棒だったお父さんキツネは、妻に内緒で、丘の向かいにある3人の悪名高い農場主から、盗みを働く計画を立てるのだが.....ってな、パペットを使ったストップモーションのアニメで作られた作品!?

人間VS森の動物たちの仁義なき戦いを描くってか!(笑)

そんなガチガチのバトルだけやなくて、家族や父と子の物語なんかもあったりで、この作品、アニメとは言え、なかなか深いんよね。

普通のアニメとは異なる、何とも言えない独特の映像で表現された世界は、野暮ったさと味わい深さが一緒になったような感じで、妙に心をくすぐるものがあったかな。

また、主役の声を演じるジョージくんの渋い声が耳に残りつつ、この監督さんらしく、うまい音楽の使い方で話を盛り上げるあたり、結構、夢中になって楽しんでもうたよ(笑)

幅広い年齢層にアピールするアニメってことで、なるほど、これは悪くないかもね!?

« 『海炭市叙景』 | トップページ | 『ミスター・ノーバディ』 »

映画」カテゴリの記事