« 『オックスフォード連続殺人』 | トップページ | 『ファンタスティック Mr.FOX』 »

2011年12月 6日 (火)

『海炭市叙景』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、函館が舞台になってるんやけど、原作がその函館出身の小説家が書いた短編集らしく、それを同郷の熊切監督がメガホンをとって映画化したってことらしい。

少しアート寄りの作り方の映像は、この監督さんのこれまでの作品からすると、ちょっと新境地かなって思うんよね。まぁ、衝撃の問題作『鬼畜大宴会』(←傑作にして、一度観たら二度と観たいとは思わない映画)でデビューしたことを考えれば、えらい変化やわな!?(笑)

ということで、そんな作品の感想は.........?!

海炭市叙景   ★★★☆☆   (2010年)

監督:熊切和嘉

出演:竹原ピストル、谷村美月、加瀬 亮、三浦誠己、山中 崇、小林 薫、南 果歩、伊藤裕子、大森立嗣、村上 淳、森谷文子、あがた森魚、中里あき

海に面した港町の海炭市、その街で暮らす人々の様子を描いたオムニバス形式のドラマ?!

不景気で造船所をリストラされた男、立ち退きに抵抗する老婆、妻との関係に悩む夫、仕事も家庭もうまく行かない男、仕事で地元に戻って来たものの、父親と会えない男、それぞれのドラマがあるんよね。世の中の流れや変化についていけない、そんな人たちを描いてるんかな。

どちらかというと淡々とした展開の中で静かに語られるために、約2時間半の尺は、長く感じるかもしれんけど、さりげない描写の中で、“家族”というものが描かれてるんやと思うんよ。

どこかノスタルジックな映像のせいか、切り取られた日常の中に、何となくやり切れない侘しさと、かすかな温もりを感じるってか!?

万人受けはせんやろうけど、函館だけに、スルメイカのように噛むほどに味が出る.......なんてね(笑)

« 『オックスフォード連続殺人』 | トップページ | 『ファンタスティック Mr.FOX』 »

映画」カテゴリの記事