« 『シチリア!シチリア!』 | トップページ | 『まほろ駅前多田便利軒』 »

2011年12月 1日 (木)

『ラスト・ターゲット』

今日は、ちょっとハードボイルド調な洋画をひとつ、ご紹介♪

いやね、ちょうどスティーヴン・ソダーバーグが企画してた大作映画のキャスティングをジョージ・クルーニーが腰痛を理由に断ったってニュースを目にして、自分もちょうどこの作品を腰痛で身動きとれずに唸りながら鑑賞したもんやから、ジョージくんに親近感を覚えてもうてねぇ。もちろん姿かたちは全く似てないんやけど.....腰痛持ちつながりということで.....!(笑)

そんなこんなで、作品の感想は.....?!

ラスト・ターゲット / The American   ★★★☆☆   (2010年)

監督:アントン・コルベイン

出演:ジョージ・クルーニー、ヴィオランテ・プラシド、テクラ・ルーテン、パオロ・ボナチェッリ、ヨハン・レイゼン、イリナ・ビョークルンド、フィリッポ・ティーミ

裏社会で生きる男は、スウェーデンで何者かに命を狙われ、イタリアの田舎町に身を隠すことに。組織から銃のカスタマイズの仕事を引き受けながら、アメリカ人カメラマンとして日々の生活を送るのだが......ってなサスペンスもの?!

身の危険を感じながらの暮らしの中で芽生える迷い、魅力的な女性との出会い、心の変化によりある決断をするが.....ってことで、今回もジョージくん渋いよねぇ。ビシッと着こなしてグラサンかければ、様になるところがさすがやね!?(笑)

でもって肝心の話の方はというと、なかなか緊張感があって悪くないんやけど、ちょっと説明が足らんようで、疑問が最後まで解けなかったせいか、イマイチ乗り切らんかったんよなぁ(苦笑)

舞台となってるカステル・デル・モンテの美しい街並みはステキやし、ヒロインもステキやし.....なんて楽しみもありながら、もうひと押しあればなぁ.....もったいない。

後は、どれが“ラスト・ターゲット”やったんか説明して欲しくなってまうような意味不明な邦題で、作品のイメージが安っぽくなってるあたりが、どないやの?!

原題を活かせないまでも、作品の邪魔をするようなタイトルを付けたらアカンわなぁって思うんよ。それが更に残念ってね(苦笑)

« 『シチリア!シチリア!』 | トップページ | 『まほろ駅前多田便利軒』 »

映画」カテゴリの記事