« 『ガリバー旅行記』 | トップページ | 『オックスフォード連続殺人』 »

2011年12月 4日 (日)

『恋の罪』

今日は、公開中の作品の中から邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、3人の女優による体を張った演技ってのが注目されてたわけやけど、とりわけ水野くんは、これまでの路線をはずれ、肌を露わにってことで、芸能ネタになってたやんね。残念ながら問題のシーンは、どうも“取ってつけた”ような感じで、作品全体からすると、それほど意味を感じない気はするんやけどね(苦笑)

衝撃的な前作『冷たい熱帯魚』に続き、今回も実際にあった事件をモチーフにしてるってことで、監督さんのお手並み拝見とばかりに、期待して観に行った作品の感想は.......う~ん、やっぱりエロ・グロやねぇ.......!?(笑)

恋の罪   ★★★☆☆   (2011年)

監督:園 子温

出演:水野美紀、富樫 真、神楽坂 恵、津田寛治、大方斐紗子、岩松 了、児嶋一哉、二階堂 智、小林竜樹、深水元基、内田 慈、町田マリー、五辻真吾

渋谷のラブホテル街の一角にある廃墟同然のボロアパートの一室で、切り刻まれた女性の遺体が発見される。事件を担当する女刑事と事件に関係するふたりの女を描いたドラマ?!

昼は一流企業のOLをし、夜は娼婦をしていた女性が殺されたという実際の事件をモチーフにした園監督流の愛欲のドラマは、今回もトコトン毒々しく、エゲツないんよなぁ?!

売れっ子作家と結婚し、夫に尽くしながら何不自由のない生活をするすものの、満たされない女、セックスを愛と切り離し、金で割り切るエリート助教授、そして家庭がありながら、不倫にはまる女刑事、女の肉体に宿る欲望と感情をむきだしにしながら、独特の手法で狂気の世界を露わにしてくんよなぁ。

作品のテーマがテーマだけに、露骨な性描写やショッキングな映像が散りばめられた作品は、とても万人受けするようなシロモノやないんやけど、スクリーンの中で感情をむき出しに演じる女優の気迫を観てると、それを引き出す監督さんの手腕には、改めて感心してもうたね。

それにしても、女という肉体の中にある愛欲を描いた物語の結末は、あまりにも過激で、切なく、そして哀しいんよなぁ.......!?

« 『ガリバー旅行記』 | トップページ | 『オックスフォード連続殺人』 »

映画」カテゴリの記事