« 『メタルヘッド』 | トップページ | 『かぞくはじめました』 »

2011年12月11日 (日)

『クロエ』

今日は、洋画のサスペンスものをひとつ、ご紹介♪

この作品の監督をしてるアトム・エゴヤンってひと、好きなんよねぇ。でもってこの作品、久々の日本での劇場公開作品ってことで、結構、楽しみにしてたんよ。

エゴヤンくんは、それほど多くの作品を発表してるわけやないんやけど、どの作品も、人間ドラマとして、なかなかの味わいに仕上がるあたりが、お見事なところなんよなぁ。

この作品は、もともとエマニュエル・ベアールが魔性の女を演じたフランス映画のリメイクなんよね。オリジナルやないところが、少し気にはなったんやけど、そんな作品の感想は.......?!

クロエ / Chloe   ★★★☆☆   (2009年)

監督:アトム・エゴヤン

出演:ジュリアン・ムーア、リーアム・ニーソン、アマンダ・セイフライド、マックス・シエリオット、R・H・トムソン、ニーナ・ドブレフ、ジュリー・カーナー、ミシュー・ヴェラーニ

大学教授をしている夫が、若い女と浮気をしていると疑う妻は、偶然知り合った娼婦に夫を誘惑してもらい、その反応を報告してくれるよう頼むのだが......ってなサスペンスもの?!

歳を重ねるごとに自分に自信がもてず、夫婦関係に不安を感じる妻の心理を巧みに利用したストーリーやったね。妻役のジュリアンくんは、嫉妬にかられ、我を見失う妻を、なかなか上手く演じてた。

まぁ、こういった微妙な女心ってのは、とりわけ独り身のオヤジには完全に理解できないんやけど、それでも、夫を愛するがゆえ、っていう感じが分からんでもないなぁってね。

夫婦を演じるベテランふたりの演技が安定してる一方で、やっぱりアマンダくんに物足りなさを感じるんよなぁ。あえて汚れ役を演じ切ることで、キャリアを広げようという意気込みは買うけど、その演じる役から人間的な深みを感じられへんところが、今現在の女優としての彼女の限界なのかもねぇ?!

べアールと妖艶さで比べてまうと、ちょっとかわいそうな気はするんやけど、ただ、作品としては、そこが肝になるだけに、ちょっと惜しかったかなぁ.....(苦笑)

« 『メタルヘッド』 | トップページ | 『かぞくはじめました』 »

映画」カテゴリの記事