« 『デザート・フラワー』 | トップページ | 『13/ザメッティ』 »

2011年12月22日 (木)

『ロシアン・ルーレット』

今日は洋画をひとつ、ご紹介♪

この作品、もちろん個人的な注目ポイントは“ハゲのカリスマ”ジェイソンくんが出演してるってことなんやけど、それ以外でも、この作品のオリジナル版が好きで、その時の監督さんが自らハリウッドでリメイクってことで、そちらも気になってたんよね。

ジェイソンくんの他にも、ミッキーおじさんや渋めの役者を集めて、さすがにインディーズ系の作品やったオリジナル版に比べたら、はるかに豪華になった出演者で、どこまでやるかが注目ってとこなんかな。

ということで、そんな作品の感想は......?!

ロシアン・ルーレット / 13   ★★★☆☆   (2010年)

監督:ゲラ・バブルアニ

出演:サム・ライリー、ジェイソン・ステイサム、ミッキー・ローク、レイ・ウィンストン、カーティス・ジャクソン、アレックス・スカルスガルド、マイケル・シャノン、エマニュエル・シュリーキー、デヴィッド・ザヤス、ベン・ギャザラ

仕事先の家の主人が大金を手にする話をしているのを盗み聞きした電気工をする青年は、その男になりすまし、とあるゲームに参加するのだが......ってな、監督さん本人によるハリウッドでのセルフ・リメイク作品?!

命を懸けたロシアン・ルーレット、勝ち残って大金を手にするのか、それともあっけなく死ぬのか、緊迫のゲームが続き.....ってことなんやけど、同じ監督さんではあるんやけど、ハリウッドで作るとなんでこうも雰囲気が変わってまうんやろなぁ(苦笑)

有名な俳優を使うってんで、いろいろと気を使い過ぎたのか、残念ながら作品としての“キレ”が感じられへんのよね。一生懸命スリリングに描こうとしてるんやろうけど、空回りギミで、逆にどうも間が抜けてもうてなぁ?!

ゲームの司会役の役者の演技があざとすぎて、盛り上げようとすればするほど、なんやシラケてもうたよ(苦笑)

まぁ、いろんな“大人な事情”が絡むハリウッド、思ったようにはいかんのかもねぇ......なんて?!

« 『デザート・フラワー』 | トップページ | 『13/ザメッティ』 »

映画」カテゴリの記事