« 『パットン大戦車軍団』 | トップページ | 『鉄男 THE BULLET MAN』 »

2011年12月15日 (木)

『クリスマス・ストーリー』

今日はフランス映画をひとつ、ご紹介♪

別にキリスト教徒のお祝い事なんて関係ないし、触れずにスルーしようかと思ったんやけど、今年は迷惑なことに、あたかもクリスマス休暇のように週末になるらしく、幸せな家族やラブラブなカップルが来週末を心待ちにしてるのかと思うと、ちょっとイラッとくるやんね(苦笑)

そんな心の荒んだ独り身のオヤジでも、わずかな良心ってのがあるもんで、クリスマスに映画でも観るかってことで、タイトルでこの作品を選ぶことがないよう、忠告しとくかなぁって思うわけ。

というわけで、そんな作品の感想は......?!

クリスマス・ストーリー / Un Conte De Noel   ★★★☆☆   (2008年)

監督:アルノー・デプレシャン

出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジャン=ポール・ルシヨン、アンヌ・コンシニ、マチュー・アマルリック、メルヴィル・プポー、イポリット・ジラルド、エマニュエル・ドゥヴォス、キアラ・マストロヤンニ、ローラン・カペリュート、エミール・ベルリング

長男を幼くして白血病でなくしたある家族、他の3人の子供たちは大人になり、いつしか長女と次男の対立で家族はバラバラに。そんな時、母親が白血病になり、骨髄移植が必要になったことから、クリスマスを家族に過ごすことに......ってな家族ドラマ?!

クリスマスという特別な時に家族が集まる話となると、心温まるような展開を予想するやんか。でも、これ、タイトルで期待させといて、まったくお構いなしのシュールな内容なんよ(苦笑)

問題児の次男役のマチューくんを軸に、問題噴出でオイオイってね?!生ぬるいホームドラマよりは、よっぽどリアルなんかもしれんけど、このタイトルに誘われて、クリスマスにこの作品を観ると、ちょっと後悔するかも?!(笑)

そうは言いつつ、いろんなことがあっても家族はやっぱり家族で、離れていても離れられない、そんなところが描かれてるんかもね。それでも、“クリスマスの出来事を描いた話”ではあるんやけど、“クリスマス向けの話”ではないやろなぁ.....。

でも不思議なことに、なんや、ちょっと自分の家族が恋しくなってもうたよ......!(笑)

« 『パットン大戦車軍団』 | トップページ | 『鉄男 THE BULLET MAN』 »

映画」カテゴリの記事