« 『サラエボの花』 | トップページ | 『あぜ道のダンディ』 »

2012年1月12日 (木)

『ハンナ』

今日は洋画をひとつ、ご紹介♪

この作品に主演してるシアーシャ・ローナンは、『つぐない』で10代前半にしてアカデミー賞の助演女優賞にノミネートされた、注目の若手女優なんよね。ちなみに、その時の監督さんは、この作品と同じジョー・ライトなんよなぁ。あっ、あとピーター・ジャクソン監督の『ラブリー・ボーン』でも、堂々と主演しとったし。

そんなこんなで、監督さんと女優のコラボ再びってことで期待をしつつも、ともにアクションのイメージがないだけに、ちょっと不安もあったりで.....ってことで、そんな作品の感想は.....?!

ハンナ / Hanna   ★★★☆☆   (2011年)

監督:ジョー・ライト

出演:シアーシャ・ローナン、エリック・バナ、ケイト・ブランシェット、トム・ホランダー、オリヴィア・ウィリアムズ、ジェイソン・フレミング、ジェシカ・バーデン

人里離れた森の中で、“暗殺者”となるべくトレーニングされた少女は、ある目的を胸に、育ててくれた父親の元を離れるのだが.....ってなサスペンス&アクション?!

厳しい訓練の日々を過ごしてきた少女が、自らの宿命に立ち向かいながら、旅をとおして人と出会い成長するってなところや、“敵”との激しい攻防の中で大暴れってのが見どころになるんやろね。

まぁ、主演のシアーシャくんが、いかにもアクションしなさそうなタイプやっただけに、そういう点での意外性ってのはあったかな。ケイト・ブランシェットの悪役ぶりってのも、なかなかやったしね。

ただ、監督さんにとってもアクション映画は新境地やったんやろうけど、全体としてはツッコミどころ満載やし、ちょっとぎこちなかったかな?!ケミカル・ブラザースの音楽も、所々微妙やったし.....ということで、ボチボチかな(苦笑)

« 『サラエボの花』 | トップページ | 『あぜ道のダンディ』 »

映画」カテゴリの記事