« 『デビルズ・バックボーン』 | トップページ | 『マイウェイ 12,000キロの真実』 »

2012年1月27日 (金)

『高校デビュー』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、原作は人気の少女マンガなんやってね。まぁ、オヤジにはそんなこと知るよしもなく、なんでこんな映画をレンタル屋で手にしたかといえば、それは青春のノスタルジーであり...云々.....いやいや、単に他に借りたいものがなくって、楽しそうやったからってオチなんやけど(笑)

というわけで、“なんとなく”な感じで鑑賞した作品の感想は......?!

高校デビュー   ★★☆☆☆   (2010年)

監督:英 勉

出演:溝端淳平、大野いと、菅田将暉、逢沢りな、古川雄輝、宮澤佐江、岡本 玲、増田有華、池田依來沙、温水洋一

中学時代はソフトボールに打ち込み、高校になって恋愛しようと頑張るも、空回りで上手く行かず、たまたま知り合ったイケメンの男の子に男にモテるようにコーチをお願いする女子高生だったのだが.....ってな、青春ラブ・コメディ?!

どう見てもイケてない女の子が、“モテ講座”でファッションからデートてくまで学び、恋愛について前向きに取り組みつつ、大騒ぎ~って、まぁ、想像どおりのグタグタなコメディなんよ(苦笑)

まぁ、何が“痛い”って、演技のヘタくそなこと......これでよく金取れるよなぁってレベルやった。それに加えて、コメディならお笑い芸人使っとけばエエんと違うの、って安易に考えたんか知らんけど、やたらと無意味に芸人を出演させて、ドン引きさせてくれるあたりの演出が憎いよなぁ。まさか映画でお笑いのショートコントが観れるとは......(笑)

ジュノン・ボーイやらAKBやらホリプロのイチオシやら、そんな当たりを目当てに観るんやなかったら、大して意味のない、時間つぶし程度の映画やね。

ひたむきで真っ直ぐな純愛コメディ......そんなモノを期待して楽しむ前に、演技やら意味不明な演出やらで、そこら中が寒すぎやった!?(苦笑)

« 『デビルズ・バックボーン』 | トップページ | 『マイウェイ 12,000キロの真実』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事