« 『哀しき獣』 | トップページ | 『フリージア』 »

2012年1月16日 (月)

『マルティナの住む街』

今日は、劇場未公開の作品の中から、久々に心にヒットしたラブ・コメを、ご紹介♪

これ、何を隠そう、個人的にプッシュしてるスペインの若手監督ダニエル・サンチェス・アレバロの作品なんよね。前回おススメした『蒼さめた官能』がちょっぴりシリアスなドラマやったのに対し、今回は陽気なラブ・コメディってことで、ガラリと雰囲気は変わってるんやけど、ただ、この監督さんのセンスの良さが出てるんと違うかな!?

日本で紹介されてるのは、今のところ2作品だけやけど、あと数本、長編も撮ってるみたいなんで、なんとかDVDだけでも出てこんかね。

というわけで、思わずおススメしたくなる、とびっきりの恋の話の感想は.......?!(笑)

マルティナの住む街 / Primos   ★★★★   (2011年)

監督:ダニエル・サンチェス・アレバロ

出演:キム・グティエレス、ラウール・アレバロ、インマ・クエスタ、アドリアン・ラストラ、アントニオ・デ・ラ・トーレ

結婚式の直前に婚約者にフラれた男は、ヤケっぱちで、いとこ2人を引き連れて、忘れられない“初めての相手”に会いに、田舎町に向かうのだが......ってなコメディ&ラブ・ストーリー?!

ズタボロの気持ちを癒すため、久しぶりに戻った故郷の町、そこで3人が巻き起こす騒動で盛り上がりつつ、迷える男の恋の話が展開するってね!いやぁ~、エエわぁ、これ(笑)

かなり調子っぱずれのコメディでありながら、3人の“いとこ”たちがそれぞれに人と出会い、ハート・ウォーミングに楽しませてくれるんやけど、それを小気味いい音楽でノリノリにさせてくれながら、うま~く展開させてるんよ。

そんでもって、ヒロインのインマ嬢がとっても魅力的でなぁ.....えっ、それだけで満足....いや、いや.....??(笑)

ちょっぴり格好悪く、だらしない主人公の恋の行方に、ほのぼの人間模様、ラテンの爽やか(?)な風が吹き抜けるってか?!

心躍らせる佳作、これ、ホンマにエエわぁ....♪(笑)

« 『哀しき獣』 | トップページ | 『フリージア』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事

恋とか愛とか...」カテゴリの記事