« 『処刑人ソガの凄まじい人生』 | トップページ | 『4月の涙』 »

2012年1月24日 (火)

『アルゼンチンババア』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

役所広司といえば、今や日本で最も多忙な役者なんと違うかなって思うんやけど、そんな彼が出演する作品は、今年もいろいろと公開を控えてるみたいやね。

演技力はピカイチやし、存在感は抜群、文句なしの役者ではあるんやけど、これだけ出演作があれば、当然ながら当たりハズレもあるわけで、まぁ、それは彼の問題ではなく.....ってのが大半やとは思うんやけどね(苦笑)

そんなこんなで、過去の“失敗作(?)”をひとつ取り上げてみようかなっちゅことで......ね?!これ、原作は“よしもとばなな”らしいんやけど.......。

アルゼンチンババア   ★★☆☆☆   (2007年)

監督:長尾直樹

出演:役所広司、堀北真希、鈴木京香、森下愛子、岸部一徳、きたろう、手塚理美

母親の病死をきっかけに、突然、家から姿を消してしまった父親。とり残された高校生の娘は、不安な日々を過ごしていたが、ある日、町はずれの屋敷に、父親が暮らしていることを知るのだが......ってなコメディ調(?)のドラマ?!

いやぁ~、なんともセンスのない作品やったねぇ(苦笑)

どういうわけか道路を走らず、あえて草むらをチャリで疾走(?)する女子高生、墓石を持ち上げる女子高生、墓石を手漕ぎボートに乗せておきに出る父親.......どう考えても“ありえん”やろぉーってね(苦笑)

ヅラをかぶった京香くんは、最初から最後まで違和感ありまくりやし、特にセリフに目新しさはなく、ホンマに観てて疲れてもうて、ただただ退屈で...?!

それなりにエエ役者使ってるのに、なんでこうなるかなぁ??(苦笑)

« 『処刑人ソガの凄まじい人生』 | トップページ | 『4月の涙』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事