« 『アニマル・キングダム』 | トップページ | 『人生はビギナーズ』 »

2012年2月10日 (金)

『ロボジー』

今日は公開中の作品の中から、邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、公開前からエライ前評判が高かったんよね。その甲斐あってか、興行成績も好調みたいやし、東宝さん、ウハウハやねぇ(笑)

そんな人気の理由は、おそらく監督が矢口くんやからなんやろなぁ。妻夫木&玉木の強力2トップを擁した『ウォーターボーイズ』で話題になり、上野樹里(個人的には本仮屋ユイカなんやけど.....)の『スウィングガールズ』で人気を確立し、綾瀬はるかの『ハッピーフライト』で更なる高みへ......って、そんな“矢口ブランド”に、みんな期待したってことか?!

世間が騒げば騒ぐほど、どこか冷めた目でみてまうのがヒネクレ者の悪いところなんやけど、個人的にはこの監督さんをそこまで評価してなかったりして.....(苦笑)

まぁ、そうは言いつつも、話題になってるなら試さんとってことで、そんな矢口くんの新作のヒネクレ目線での感想は......?!

ロボジー   ★★★☆☆   (2011年)

監督:矢口史靖

出演:五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田 岳、川合正吾、川島潤哉、田畑智子、和久井映見、小野武彦、田中要次、森下能幸、徳井 優、田辺誠一

社長命令でロボット開発をすることになった3人の技術者だったが、イベントに間に合わず、苦し紛れにロボットの中に老人に入ってもらい、何とかその場をしのごうと考えたのだが......ってな、コメディ映画?!

ロボットというハイテクにローテクというか“老テク”というか、そいつを掛け合わせたところに話の妙があるんよね。そこにロボットマニアの女子大生が絡んできて、もう大騒ぎ......ってことなんやけど、確かに面白さは分かるんやけど、それほどキレのある笑いってことではなかったなぁ?!(苦笑)

細かいところでクスっと笑えるんやけど、話にメリハリがないせいか、結局のところグタグタした展開って印象が最後まで残ってもうて、スカッと笑えるってものではないように思うんやけどね。

そんな中で、とっても“痛い”女の子を演じる吉高くんは、普段のノリを地でやってるのかと思うくらい(?)、妙に役柄にしっくりときとった(苦笑)

ミッキーじいさんも、どうにもユル~イ感じが、話の設定にマッチしてたかな。ってことで、キャスティングの妙ってのはあるのかも。

そんなこんなで、作品全体としては、爆笑するようなもんではないんやけど、それなりに楽しめる、そんなホドホドな感じが作品の感想ってところかな?!

« 『アニマル・キングダム』 | トップページ | 『人生はビギナーズ』 »

映画」カテゴリの記事