« 『ロボジー』 | トップページ | 『ペントハウス』 »

2012年2月11日 (土)

『人生はビギナーズ』

今日は公開中の作品の中からひとつ、ご紹介♪

この作品にお父さん役で出てるクリストファー・プラマーって、何を隠そう、ミュージカル映画の傑作『サウンド・オブ・ミュージック』で、トラップ・ファミリーのお父さん役をやってた人なんよね。当時の二枚目ぶりからすると、さすがに年齢を重ねたもんやなぁって思うんやけど、でも、年取って更に、演技に味わいが出てきた役者さんやと思うんよね。

今回も、『終着駅 トルストイ最後の旅』に続き、再びこの作品でアカデミー賞の助演男優賞にノミネートされたことを見ても、その円熟の演技が高く評価されてるのが分かるよなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は......?!

人生はビギナーズ / Beginners   ★★★☆☆   (2010年)

監督:マイク・ミルズ

出演:ユアン・マクレガー、クリストファー・プラマー、メラニー・ロラン、ゴラン・ヴィシュニック、メアリー・ペイジ・ケラー、キーガン・ブース、チャイナ・シェイバーズ、カイ・レノックス

母親が亡くなりしばらく経ったある日、自分がゲイであることをカミングアウトした父親、息子は戸惑いながらも、ガンを患いながらも人生を楽しむ父親を見守ることに。そんな父の死後、喪失感に苦しめられていた息子は、ひとりの女性と出会い、恋をするのだが.....ってな、どちらかというと恋愛よりの人生ドラマってとこかな?!

イマイチ日本語として意味不明な邦題は置いといて、“ビギナーズ”ってことで、不器用に生きる男が父と過ごした最後の瞬間から人生について学び、少しずつ前に進むってなことなんやろね。

なかなか個性的な話の設定なわけやけど、脚本も書いてる監督さんの実際の父親との関係がベースになってるんやって。冗談みたいな話やけど、実体験だけに、なかなかリアリティがあったかな。

正直言うと、もっと感動的な話を期待してたんやけど、メインが大人の恋愛だけに、そういった要素は弱かったのが残念やったね。

それでも、クリストファーおじさんの熟練の演技を始め、相変わらずキュートなメラニーくんの魅力もあり、それなりに楽しめる大人のドラマに仕上がってたと思う。

しかし“人生を謳歌する”っていうけど、簡単なようで、なかなかできんよなぁ.....なんて思いつつ、前向きに頑張ろうって思う今日この頃ってか!?(笑)

« 『ロボジー』 | トップページ | 『ペントハウス』 »

映画」カテゴリの記事