« 『それでもボクはやってない』 | トップページ | 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 »

2012年3月31日 (土)

『ピラニア3D』

今日は、ある意味、昨年公開のちょっと話題になってた作品をひとつ、ご紹介♪

これ、実は70年代に公開された作品のリメイクらしいんやけど、いろいろとキワドイ描写の連続で、注目されてたんよね。公開当時は、ちょっと気になってたものの、結局、時間が合わず見のがしてしまったので、レンタルで飛び出さない状態で鑑賞ってね!?

みうらじゅん氏をして「この3Dの時代にあって、最も飛び出さなきゃなんないのはオッパイであると教わった」とまで言わしめた作品なんやけど、3Dで鑑賞してないんで、その言葉の重さは残念ながら分からんのやけど、個人的にはその内容以外にも意外な発見があったんよ。

まず、警官役で出てるエリザベス・シューと言えば、あのオリジナルの『ベスト・キッド』で“微妙な”ヒロインを演じてた女優さんなんよ。でもって、映画監督役で出てるジェリー・オコンネルは、青春映画の金字塔『スタンド・バイ・ミー』の子役のひとりやったってね。他にもスティーヴ・マックィーンの孫が出てたり、う~ん、見どころ満載やんか!(笑)

というわけで、そんな作品の感想は......?!

ピラニア3D / Piranha 3D   ★★★☆☆   (2010年)

監督:アレクサンドル・アジャ

出演:エリザベス・シュー、アダム・スコット、ジェリー・オコンネル、ヴィング・レイムス、ジェシカ・ゾー、スティーヴン・R・マックイーン、ケリー・ブルック、ディナ・メイヤー、イーライ・ロス、リチャード・ドレイファス、クリストファー・ロイド

春休みで浮かれた学生達を中心に、大勢の観光客が集まるヴィクトリア湖で、小規模な地震による地殻変動で、海底深くに生息していた狂暴なピラニアが大量に現れ.....ってなパニック・ホラー?!

オープニングで「おっ、リチャード・ドレイファスが出てる」って思ったのもつかの間、いきなりあんなことに.....ってな感じで、出だしからインパクト十分やったね。

能天気なエロから容赦ないグロへ、ノンストップで展開する話に、思わずピラニア並みに食らいついてもうたよ!(笑)

基本的にはアホな映画であることは間違いないんやけど、エロとグロの興奮が相乗効果で怒涛の攻撃を仕掛けてきて......って書いてるだけで、なんやアホらしくなってくるんやけど、そんな抜群の勢いでグイグイと惹きつけてみせるあたり、なかなかやと思うんやけどね?!

ある意味、ピンポイントで映画のツボを突いてるわけで、そんなシンプルさが不思議な魅力を醸し出してるんかもねぇ.....まぁ、エロとグロしかないんやけど.....あっ、あと家族愛かぁ.....!?(笑)

« 『それでもボクはやってない』 | トップページ | 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 »

映画」カテゴリの記事