« 『エリート・スクワッド』 | トップページ | 『この愛のために撃て』 »

2012年3月20日 (火)

『ライアーゲーム -再生-』

今日は、劇場で公開中の作品の中から、邦画をひとつご紹介♪

このライアーゲームのシリーズは、テレビ版はほとんど観てなかったんやけど、前回の劇場版『ライアーゲーム ザ・ファイナル・ステージ』で、よう分からん割に、意外と楽しめたんで、今回はシネコンのサービスデーってこともあって、映画館で試してみたんよね。

今回はヒロインの交代と、あの人気“女優(?)”の登場で、フジテレビは相当な鼻息の荒さみたいやけど、そんな作品の感想は......?!

ライアーゲーム -再生-   ★★★☆☆   (2012年)

監督:松山博昭

出演:松田翔太、多部未華子、濱田マリ、新井浩文、船越英一郎、小池栄子、要 潤、高橋ジョージ、池田鉄洋、前田 健、鈴木一真、渡辺いっけい、江角マキコ、芦田愛菜

前回のゲームで負けた出資者たちが、新たなゲームを仕掛けることに。それに巻き込まれた女子大生と、そんな彼女に助けを求められた天才心理学者は......ってな、劇場版の第2弾!?

今回は20億の賞金を巡り、20人の参加者がイス取りゲームで激しい心理戦を展開するってなことで、クセのある面々が騙し騙されエイヤコラさっと?!(笑)

正直言うと、ヒロインの交代はちょっと残念やったんやけど、でも、今回の多部くんは、持ち前のキャラを活かしつつ、それなりに盛り上げてたかな。それに悪役として登場の新井くんと船越くんも、それぞれに存在感を発揮して、インパクト十分で、悪くはなかった。

そんでもって、主役の松田家の次男坊は、今回もクールにキメて、頑張っとったよ。まぁ、ドラマから演じてる役ってことで、すでに自分のものになってるってことなんやろうけど、雰囲気の出し方が上手くなってると思うんやけどね。

話全体としては、例のごとく、刻々と形勢が逆転しながらゲームが進み、それなりに飽きさせない内容にはなってたかな。ただ、人気子役を使って、話題を独占しようっていうフジテレビの浅はかな魂胆が丸見えで、ついでに担ぎ出された感のある江角くんが、なんか気の毒でなぁ....ふたりとも完全に空回りしてるしね.!(苦笑)

というわけで、ボチボチと楽しめるんやけど、所詮はドラマの延長ってとこかなぁ.....。そうそう、愛菜ちゃん、何も罪になるようなことはしてないって言うけど、それ住居不法侵入やからね!(笑)

« 『エリート・スクワッド』 | トップページ | 『この愛のために撃て』 »

映画」カテゴリの記事