« 『ハリヨの夏』 | トップページ | 『ヤング≒アダルト』 »

2012年3月 7日 (水)

『水曜日のエミリア』

昨年のアカデミー賞からほぼ1年経ったってことで、そんなアニバーサリーな夜(?)に、昨年の主演女優賞を見事に受賞したナタリーくんの作品をひとつ、ご紹介ってか♪

まぁ、だからどうしたっていうような前フリに、特にこれ以上、掘り下げて語ることもないんやけど、なんとなく勢いで....ってことで(苦笑)

ところで、この作品に出てるリサ・クドローって、昔、個人的にちょこっとハマった『フレンズ』ってアメリカのコメディ・ドラマに出演してたんよね。あのツカミどころのない、不思議な役どころの強烈なインパクトがあって、それ以降、映画でたまに見かけても、ついついそのイメージが甦ってもうて、そんなキャラを期待してもうたりして....(笑)

てなことで、どうでもいい話がさらにどうでもよくなってもうたんで、ここらで感想を.....?!

水曜日のエミリア / Love And Other Impossible Pursuits   ★★★☆☆   (2009年)

監督:ドン・ルース

出演:ナタリー・ポートマン、スコット・コーエン、チャーリー・ターハン、ローレン・アンブルーズ、リサ・クドロー、エリザベス・マーヴェル、アンソニー・ラップ、デイジー・ターハン

生まれたばかりの娘を失くした悲しみを乗り越えられずにいた女は、義理の息子ともうまくコミュニケーションを取れず、辛い日々を過ごしていたが.....ってな、ちょっとセンチメンタルなドラマ?!

心に負った深い傷を癒す術を知らず、新しい家族との関係、両親との関係、様々な悩みを抱えて生きている女性の揺れる心を描いてるんよね。

この作品、メインはやっぱり主役のナタリーくんなわけで、どこか陰のある、不器用で強情、それでいて繊細な、そんな女性を演じてるんよね。

全体としては、ところどころでエエ感じに盛り上がるんやけど、肝心なところで詰めが甘いというか、ちょっと煮え切らんところが歯がゆかったかな(苦笑)

それでも、喪失と再生の物語には、やっぱり家族であったり、大切なひとの愛情が必要ってなことで、悪い話ではなかったんやけどね?!まぁ、ナタリー好きとしては、彼女が頑張ってれば.....ねっ!(笑)

« 『ハリヨの夏』 | トップページ | 『ヤング≒アダルト』 »

映画」カテゴリの記事