« 『スマグラー おまえの未来を運べ』 | トップページ | 『アーティスト』 »

2012年4月21日 (土)

『バトルシップ』

今日は、公開中の作品の中からアクションものをひとつ、ご紹介♪

これ、ユニバーサル映画の100周年記念で作られた作品なんやってね。オープニングの“UNIVERSAL”の文字も、いつもより高級感があって、なんや気合いを感じてもうたよ(笑)

いやね、予告を観たときは、これいかにもダメっぽい雰囲気がビンビンにしてて、映画館で金払って観るかどうか、ちょっと迷ってたんやけど、たまたま同じ日に観た別の作品との時間の絡みや、シネコンのポイントがたまってたといった条件がそろったんで、期待せずに観てみたんよね。

というわけで、そんな作品の感想は......?!

バトルシップ / Battleship   ★★★☆☆   (2012年)

監督:ピーター・バーグ

出演:テイラー・キッチュ、アレキサンダー・スカルスガルド、ブルックリン・デッカー、リアーナ、浅野忠信、リーアム・ニーソン、ピーター・マクニコル

ハワイ沖で国際的な海洋軍事演習が行われている最中、宇宙から正体不明の物体が飛来する。同じ海域にいた米軍の駆逐艦2隻と自衛隊の1隻が偵察に向かうが.....ってなSFアクション?!

突然に現れたエイリアン、侵略を企む彼らから地球を守るため、アメリカの海軍が立ち上がる.....って、どっかで聞いたような話で.....確かあの時はロサンゼルスで海兵隊が.....?!(笑)

そんなこんなで、ラジー賞に欠かせない存在になりつつあるハズブロ作品となれば、かなりの確率でハズすやろうって思いながら観てたんやけど、これが意外と悪くなかったりして.....?!

まぁ、ちょっと反則気味なのは、日本人の浅野くんが準主役級の扱いで、そこそこ重要な役回りで活躍するんよなぁ。同じ日本人として、やっぱり悪い気はしないやんか!(笑)

日本人が加わることで、“海軍バンザイ”的な要素が少し薄まるっていうバランス感覚が、良かったのかもね?!

まぁ、そうは言いつつも、リアーナである必要性がよう分からんとか、途中までは“これ、イケるかも”って思わせながら、後半でちょと“ヤリすぎ”感が出てもうて、オイオイってツッコミは当然のようにせずにはおれんかったりとか....いろいろあるんやけど?!(苦笑)

しかしながら、またまたSFの評価が甘いって言われそうやけど、でも、テンポもいいし、作品としては、それほど悪くはなかったと思うんやけどね!?

« 『スマグラー おまえの未来を運べ』 | トップページ | 『アーティスト』 »

映画」カテゴリの記事