« 『宇宙兄弟』 | トップページ | 『ハラがコレなんで』 »

2012年5月14日 (月)

『ユーロトリップ』

今日は、劇場未公開の作品の中から、ちょっとアホすぎな映画をひとつ、ご紹介♪

まぁ、どんだけアホかってのは、気が向いたら実際に確かめてもらったらエエんやけど、ラジー賞にノミネートされた経験を持つ監督さんの作品といえば、少し察しがつくかもなぁ.....(苦笑)

そうはいいつつ、あの(?)マット・デイモンも出てきたりして、意外なサプライズもあったりして、まぁ、だからなんやねんって話なんやけどね。

あと、脇役でおいしい出演をしてるヴィニー・ジョーンズっておじさん、イギリス系の映画のマフィアや用心棒役でよく見かける人なんやけど、この人もとはフットボール選手で、プレミアリーグでプレーしたり、ウェールズの代表キャプテンをしてた有名な選手なんやって。イギリス人の知り合いに聞くと、現役時代のプレーは、役柄と同じで、かなりワイルドやったらしいんやけど.....!(笑)

というわけで、そんな作品の感想をとりあえず......?!

ユーロトリップ / Euro Trip   ★★☆☆☆   (2004年)

監督:ジェフ・シェイファー

出演:スコット・ミシュロウィック、ジェイコブ・ピッツ、クリスティン・クルック、ミシェル・トラクテンバーグ、マット・デイモン、ヴィニー・ジョーンズ、トラヴィス・ウェスター

高校の卒業式の日に彼女にふられた男は、ベルリンに住むメル友に八つ当たり。ところが、男だと思ってた相手が実は女の子らしいということで、彼女に会うために、親友を引き連れてヨーロッパに旅立つのだが...ってなドタバタ・コメディ?!

ロンドンからパリ、アムステルダムを通って彼女の住むベルリンへ....道中、それぞれの国で個性的な人々に出会い、様々な体験をする...ってなことなんやけど、これがまぁ、どれもくだらないんやけどねぇ(苦笑)

徹底的にコメディ路線でおバカに大騒ぎってことなんやけど、どうにもネタが下世話すぎで、笑えないんよなぁ。それぞれの国の国民性を笑いにしようというのは分かるんやけど、どないしょうもないんよなぁ...。

そんな中で、唯一、ヴィニー・ジョーンズのフーリガンぷりが、いい具合のキレ加減で、よかったかなぁ。まぁ、もともとフットボーラーで、間近で見てきただけに、リアリティ十分ってとこか!(笑)

とりあえず紹介はしてみたものの、あまりにも“しょうもなさ過ぎ”て、これほど観終わってぐったりさせてくれる作品を、とても他人にススメル気分にはなれん、そんな作品やった!?

« 『宇宙兄弟』 | トップページ | 『ハラがコレなんで』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事