« 『ファミリー・ツリー』 | トップページ | 『ハミングライフ』 »

2012年5月28日 (月)

『デンジャラスな妻たち』

今日は、劇場未公開の作品の中から、コメディ映画をひとつ、ご紹介♪

これ女性監督の作品なんやけど、この人、『テルマ&ルイーズ』の脚本を書いて有名になったんよね。つまり、アカデミー賞の脚本賞を受賞したっていう、オスカー・ウィナーなわけ。まぁ、当然ながら、それと作品の評価はあまり関係ないんやけどね。

女性監督らしく、出演陣も女性がメインで、重鎮のダイアン・キートンを中心に、楽しみながら作ったんやろねぇ。それで作品も楽しくなれば、誰も苦労はせんのやけど......(笑)

ちなみに、クイーン・ラティファって最近はすっかり女優として認識されてるけど、もともとは女性ラッパーのはしりやったんよなぁ。まぁ、個人的にはあまり影響を受けることはなかったんやけど、もう歌手っていうイメージはないよね。

というわけで、そんな作品の感想は.....?!

デンジャラスな妻たち / Mad Money   ★★★☆☆   (2008年)

監督:カーリー・クーリー

出演:ダイアン・キートン、クイーン・ラティファ、ケイティ・ホームズ、テッド・ダンソン、スティーヴン・ルート、クリストファー・マクドナルド、アダム・ローゼンバーグ

夫がリストラされ、破産寸前になった妻が見つけた仕事は、連邦準備銀行(FRB)の清掃員だった。そこで廃棄される古い紙幣を盗む方法を思いつき、仲間と3人で実行するのだが....ってなコメディ調の犯罪ドラマ?!

完璧なセキュリティをかいくぐり、バレずに大量の紙幣を盗み出す方法は?そんでもって彼女たちの運命は...ってなことで、スリルと笑いで.....ってね?!

まぁ、改まって解説するまでもなく、これ、とってもB級な作品やった(苦笑)

なんてったって、すべてが実に軽~いタッチで作られてるんよ。欲深くなると人間あきません、って教訓なのかと思いきや、どうやら痛快な犯罪劇を意識したらしく、まぁ、どないなんやろね?!(苦笑)

個人的な楽しみとしては、久々にケイティ嬢を映画作品で見れるってことやったんやけど、トムくんと結婚する前の方が、かわいかったよなぁ....それに、こんなもん娘に見せたら教育上よくないやろ......ただでさえ名前がそれっぽいのに.....あぁ、日本ではね♪(笑)

まぁ、「何チャラな妻たち」って、間違いなくアメリカの人気TVドラマを意識したと思しき邦題からして、売る側の気合いの程度もわかるよなぁ。しかも、ひとりは“妻”やないし....?!(苦笑)

« 『ファミリー・ツリー』 | トップページ | 『ハミングライフ』 »

映画」カテゴリの記事