« 『テルマエ・ロマエ』 | トップページ | 『わが母の記』 »

2012年5月 5日 (土)

『タイタンの逆襲』

今日は、劇場で公開中の作品の中からひとつ、ご紹介♪

これ、ちょうど2年前のゴールデンウィークに公開してた『タイタンの戦い』の続編で、監督は変更になってるんやけど、サム・ワーシントンとリーアム・ニーソン、そしてレイフ・ファインズの主要キャスト3人は再登場してるんよね。

前回が“なんちゃって3D”がブームの時の公開で、3Dのショボさが妙に印象に残っただけやったんやけど、今回はちゃんと3D仕様(?)で作られてるっぽいので、ちょっと期待しつつも、より高価な保険をかけてIMAXで鑑賞してみた。

というわけで、そんな作品の感想は.......?!

タイタンの逆襲 / Wrath Of The Titans   ★★★☆☆   (2012年)

監督:ジョナサン・リーベスマン

出演:サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズ、ダニー・ヒューストン、エドガー・ラミレス、ロザムンド・パイク、ビル・ナイ、トビー・ケベル

全能の神ゼウスの子でありながら、人間として生きる道を選び、漁師をしながらひとり息子と静かな日々を送るペルセウス。しかし、天上では弱体化した神々を抑え、タイタンの王クロノスが復活を遂げようとしていた......ってな、ギリシャ神話を描いたアクションものの続編?!

世界を破滅から救うために、神の血を受け継ぐひとりの勇者が立ち上がり、強大な敵と対峙するってなことで、今回もサムくんが気合いを入れて大暴れってね(笑)

リーアムくんとレイフくんが競演ってのは個人的にはとっても嬉しいんやけど、こういうと何やけど、この程度の作品でってのが惜しかったりして.....。なんたって、『シンドラーのリスト』以降でふたりが同じ作品に出るのって、このシリーズだけ(たぶん)やもんなぁ。

デキの方はというと、アクションがメインってことで、途中からはノンストップでアクション連発なんやけど、ダメなカンフー映画と同じで、ひたすら一本調子でアクションやられても、観てる方はだんだん疲れてきてもうて、途中からどうでもよくなってまうんよなぁ。あまりにもメリハリのない展開に、ちょっとグッタリしてもうたよ。

しかも話の内容はといえば、大ざっぱに言ってまえば、父と子、兄と弟のケンカを壮大なスケールで描くってなことで、なんやろうなぁって思うんよね(苦笑)

とりあえずは迫力のある娯楽大作“風”ではあるんやけど、ちょっと中身が薄すぎるんと違うかなぁ.....正規料金で観なくてよかった....?!

« 『テルマエ・ロマエ』 | トップページ | 『わが母の記』 »

映画」カテゴリの記事