« 『憑神(つきがみ)』 | トップページ | 『ミッドナイト・イン・パリ』 »

2012年6月 2日 (土)

『サニー 永遠の仲間たち』

今日は、劇場で公開中の作品の中から、久々に韓国映画をひとつ、ご紹介♪

この映画、宣伝文句によれば、例によって“韓国で大ヒット”ってことらしい。別にそんなことが気になって観たわけやなくて、たまたま隣駅のシネコンでやってて、何の映画かと思って下調べしたら、好意的なユーザーレビューが結構あったんで、時間が合うんならってことで、試してみたってわけ。

というわけで、そんな作品の感想は.....?!

サニー 永遠の仲間たち / Sunny   ★★★☆☆   (2011年)

監督:カン・ヒョンチョル

出演:ユ・ホジョン、シム・ウンギョン、チン・ヒギョン、カン・ソラ、コ・スヒ、キム・ミニョン、ホン・ジニ、パク・チンジュ、ナム・ボラ、キム・ボミ、ミン・ヒョリン

入院している母親を見舞った際に、偶然、高校時代の親友と再会したが、そんな彼女が余命2ヶ月と知り、彼女の願いを叶えるため、同じグループにいた他の仲間を探すことに......ってな青春ドラマ?!

田舎からソウルに転校してきて、イジメられそうな時に助けてくれた仲間、何をする時も一緒で、いろいろな事がありながらも、楽しかったあの頃。25年ぶりに再会すると、それぞれの人生があり.....ってなことで、ちょっとノスタルジックで、爽やかな青春ストーリーに、切ないメロドラマを掛け合わせたような話やったね。

難病ものに恋や友情の話を盛り込むなんて、まさに韓流メロドラマの王道やなって思いつつ、そんな嫌な予感が途中で的中しそうになって、マズって思ったんやけど、澄んだ目で未来を夢見ていた学生時代と、家庭や仕事、それぞれに悩みを抱えて生きてる現実、そんなギャップの中で、かつて永遠の友情を誓った仲間が再会するって話は、思いの外キレイにまとまってたかな。

ただ、やっぱり途中の部分で、この手の韓国映画にありがちな“ヤリすぎ”感ってのがあって、ちょっと引いてもうたよ(苦笑)

しかし、この映画の登場人物と同じような年代になってきて、ふと学生時代のことを思い出すと、何となく気持ちが分かったりして.......あぁ、年取ったよなぁ......なんて?!(笑)

« 『憑神(つきがみ)』 | トップページ | 『ミッドナイト・イン・パリ』 »

映画」カテゴリの記事