« 『9日目 ~ヒトラーに捧げる祈り~』 | トップページ | 『カンパニー・メン』 »

2012年6月19日 (火)

『管制塔』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品の主演のひとりである橋本くんは、注目の若手女優ってことらしい。中島哲也監督の『告白』で生徒のひとりとして出演して話題になり、『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』では地獄にいる美少女をエキセントリックに演じ、最近では“貞子”を演じてたらしいやんね?!

まだ浅いキャリアのなかで、地獄の住人から幽霊まで演じようという意気込みから、見かけだけのアイドル女優とは一線を画す(?)、女優としての意気込みが感じられるようで、ちょっと期待してみようかなぁ(笑)

ちなみにこれ、Galileo Galilei ってバンドの曲をモチーフにして作られた話らしく、そのバンドはよう知らんのやけど、ソニーさんの鼻息の荒さは伝わってくるってか♪

ということで、そんな作品の感想は.......?!

管制塔 ★★★☆☆   (2011年)

監督:三木孝浩

出演:山崎賢人、橋本 愛、松田美由紀、利重 剛

クラスメートと打ち解けることができず、友達もなくいつも孤りで過ごしている男子中学生。そんな彼のクラスに転校してきた、ちょっと風変わりな女の子。互いに惹きつけ合うように巡りあったふたりは、すぐに仲よくなるのだが.....ってな、ちょっと甘く切ない青春ドラマ?!

多感な15歳、うまく周りに合わせられない男の子と、親の事情で転校を繰り返してきた女の子、孤独なふたつの心が触れ合い、支え合う、そんな純粋でぎこちない青春のドラマが展開するんよね。

確かに主演の若いふたりの演技は、抜群に上手いとは言えないんやけど、冬の稚内の印象的な風景のなかで、そっと心を通わす若いふたりの姿が、なんとなくリアルに見えて、不思議な魅力を出してるんよ。

何気ない表情をアップで捉えたり、揺れる感情をさりげなく映してみたり、短いドラマのなかで、悩みながら求め合う10代の心の叫びが伝わってくるようで、なかなか良かったね!?

思わずもうひとつ追加して“おススメ”にしようかと悩むくらい、ナイーブでかつストレートな青春の話は、期待以上に秀逸やったなぁ。

« 『9日目 ~ヒトラーに捧げる祈り~』 | トップページ | 『カンパニー・メン』 »

映画」カテゴリの記事