« 『クロエ~無垢な娼婦~』 | トップページ | 『いのちの子ども』 »

2012年6月12日 (火)

『マメシバ一郎』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、深夜枠のドラマから始まって、前作『幼獣マメシバ』を経て、なんと劇場第二弾、しかも今回は3Dで上映されたって......エライ出世やねぇ(笑)

結局、映画館では鑑賞せんかったんやけど、やっぱりマメシバ一郎の“つぶらな瞳”が気になってもうて、その姿をレンタル屋の棚で見かけた瞬間に、たまらず手に取ってレジに向かってもうたってわけ。

というわけで、そんな作品の感想は.......?!

マメシバ一郎   ★★★☆☆   (2011年)

監督:亀井 亨

出演:佐藤二朗、臼田あさ美、渋谷琴乃、角替和枝、志賀廣太郎、高橋 洋、三上市朗、大崎友子、高橋直純、穂花

37歳の引きこもりニートの二郎と、彼が飼うキュートな愛犬の一郎の暮らしを描いた“ほのぼの”ドラマの映画化第二弾?!

社会に出て働く気がまったくない二郎は、叔父と一郎をネタに「老人と犬」というシリーズの動画をネットで配信して小金を稼ごうとする。そんな二郎を心配する叔父は、一郎の友だち探しを口実に、二郎にお見合いさせようとするのだが....ってなことで、ユルすぎる主役キャラとマメシバのかわいらしさがウリのお話は、毎度の調子でマッタリと楽しませてくれるんよね。

主人公の佐藤くんの作りすぎたキャラもここまで突き抜けると、受け入れざるをえなくなってもうて、そのヒネクレまくった物言いが、いつのまにかクセになったりして?!

そんでもって濃すぎる主役を脇で“爽やか”な志賀おじさんが薄めてくれるあたり、なかなか絶妙なバランスやったりして(笑)

まぁ、60分の短い内容で、話としてはオイオイってツッコミもあるんやけど、今回は犬の一郎とダメ人間の二郎の熱い“絆”が描かれてたりして、何気に盛り上がってもうたかな。

あぁ、俺にも一郎のような癒しが必要かも.....なんて。うっ、イカン。うまい棒が食いたい?!(苦笑)

« 『クロエ~無垢な娼婦~』 | トップページ | 『いのちの子ども』 »

映画」カテゴリの記事