« 『ヘルタースケルター』 | トップページ | 『リンカーン弁護士』 »

2012年7月21日 (土)

『さらば復讐の狼たちよ』

今日は、劇場で公開されてる作品の中から、中国映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、中国では大ヒットやったらしく、歴代興行収入で『レッドクリフ』を抑えて第1位に輝いたんやって。そんな作品を作った監督さんは、ベルリンで金熊賞を受賞したチャン・イーモウの『紅いコーリャン』で主演を務めてたりして、監督としても香川照之との共演で話題になった『鬼が来た!』でカンヌ映画祭の審査員特別賞を受賞した人なんよね。

そんなこんなで、ちょっと前評判がよくて気になって鑑賞した作品の感想は.......?!

さらば復讐の狼たちよ / 譲子弾飛   ★★★☆☆   (2010年)

監督:チアン・ウェン

出演:チアン・ウェン、チョウ・ユンファ、グォ・ヨウ、カリーナ・ラウ、チョウ・ユン、チェン・クン、チアン・ウー、フー・ジュン

1920年代の中国、とある街の役人になるために任地に向かう一向を襲った山賊一味は、大金をせしめるために、役人になりすますのだが、向かった先には街を支配する権力者がおり......ってな、コメディ調のアクションドラマ?!

権力者の一味によって死に追いやられた部下の仇を討つことを誓った山賊の頭領と、権力を盾にのさばる権力者、そんな両者のハゲしい攻防を、コミカルなタッチで描いたドラマは、かなり完成度の高い娯楽作品やったね。

確かに悪役のチョウ・ユンファの演技はさすがの域で、その存在感は無視できないんやけど、それ以上に監督と主演を兼ねるチアン・ウェンが渋いんよなぁ。人情あふれる山賊のボスといった役柄に、ちょっと夢中になってもうたよ。

そんな主演ふたりのキャラの立ち具合が、テンポのいい展開のドラマの中で、そのまま作品の面白さにつながってるのかもね!?

抜群のユーモアを活かして描かれる痛快なドラマは、130分ちょいという長さを全く感じさせない、なかなか楽しいエンターテイメント作品に仕上がってたかな。

それにしても、タイトルだけ見ると、いかにもハードボイルド感が漂うんやけど、あまりにも作品の雰囲気と合ってないんよねぇ。まぁ、チョウ・ユンファが出てるってことで、何となく“狼”って入れたかんやろけど、それってちょっと間違ってないかなぁ......?!(苦笑)

« 『ヘルタースケルター』 | トップページ | 『リンカーン弁護士』 »

映画」カテゴリの記事