« 『ミラル』 | トップページ | 『月光ノ仮面』 »

2012年7月12日 (木)

『人生、ここにあり!』

今日はイタリア映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、本国では、新人監督としてイタリアのアカデミー賞を受賞したり、主要部門にノミネートされたりで、かなり話題になったものらしいんよね。

テーマとしては、結構シリアスな要素を含んでるんやけど、そこは陽気なイタリア人が作るだけあって、あくまでもコメディなんやって。

というわけで、そんな作品の感想は......?!

人生、ここにあり! / Si Puo Fare   ★★★★   (2008年)

監督:ジュリオ・マンフレドニア

出演:クラウディオ・ビシオ、アニタ・カプリオーリ、ジュゼッペ・バッティストン、ジョルジュ・コランジェリ、アンドレア・ボスカ、ジョヴァンニ・カルカーニョ、ミケーレ・デ・ヴィルジーリョ

労働組合でつま弾きにされ、異動になった男が向かった先は、元精神病患者たちで作る組合だったってな、70年代後半のイタリアで実際にあった話をベースにしたコメディ調のドラマ?!

法律によって精神病院が廃止され、切手貼り等の簡単な補助仕事を請け負って生活してた元患者たち。そんな暮らしを変えようと、ひとりの男が立ち上がるってな話は、なかなか胸にグッとくる内容やった。

主人公と組合員である患者たちの奮闘は、微笑ましくもあり、それでいて時に切なくもあり、それでも最後は温もりと勇気をくれるんよなぁ!?

何事も諦めるのは簡単なんやけど、でも、その前に一歩踏み出して挑戦してみる、“やればできる”っていうメッセージは、きっと健康か病気かなんてことには関係なく、誰の胸にも訴えかけるものがあるんやろうと思う。

そんでもって、そういう気持ちが人生を前向きに生きるための大切な秘訣なのかもなぁ.....なんて思ってもうたよ!?

なんかとっても素敵なドラマやったね!ブラーボ♪(拍手)

« 『ミラル』 | トップページ | 『月光ノ仮面』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事