« 『穏やかな暮らし』 | トップページ | 『ランデヴー』 »

2012年7月24日 (火)

『監督失格』

今日は、邦画のドキュメンタリー作品をひとつ、ご紹介♪

この作品に出てくる林 由美香っていうAV女優については、以前に紹介した『あんにょん由美香』っていうドキュメンタリー作品を観て、少し知ってたんよね。35歳の誕生日の前日に亡くなった彼女は、周囲の人たちの心に残る、何か特別な魅力があったんやろうって思ったんよ。

そんな彼女の遺体の第一発見者になったのが、この作品の監督さんで、あまりのショックに監督でありながら数年間カメラを持つ気力を失ってたらしいんやけど、ようやく彼女と向き合うために、苦しみながら作ったのが、この作品ってことらしい。

というわけで、そんなちょっとワケありな作品の感想は.......?!

監督失格   ★★★☆☆   (2011年)

監督:平野勝之

出演:林 由美香、平野勝之、小栗冨美代、カンパニー松尾

AV監督としてデビューした際に出演した女優、その後、ふたりは不倫の関係となり、映画の企画で1か月にわたり一緒に北海道までの道のりを自転車で旅するのだが......ってな、監督と女優、恋人であり友人であった林 由美香との関係を綴ったドキュメンタリー?!

彼女のことを愛し、別れた後に、そんな彼女の最後を発見することになった監督さん、大きな悲しみを背負いながらも、ひとつの出会いから始まったふたりの因縁めいた関係を、監督さんが自ら撮りためた過去の映像を使って語っていくんよね。

彼らの職業がどうのってのは関係なく、そこには純粋に愛する人を愛おしみ、好きであるがゆえに苦悩する、そんな不器用な男の気持ちが出てるような気がする。

だからこそ、これほどまでに内省的なドキュメンタリーでありながら、他人が観ても何か伝わってくるものがあるんやろなぁって思うんよね。無様で格好の悪い男の姿に、ちょっと熱くなってもうた?!(笑)

« 『穏やかな暮らし』 | トップページ | 『ランデヴー』 »

映画」カテゴリの記事