« 『人生、ここにあり!』 | トップページ | 『ただ君だけ』 »

2012年7月13日 (金)

『月光ノ仮面』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

監督 板尾創路には、前作の『板尾創路の脱獄王』で少々懲りたんやけど、それでもちょっと気になる部分もあったりして、とりあえずレンタルで鑑賞してみたってわけ。

しかし、吉本も積極的に芸人の知名度を“悪用”して映画作りに勤しんでるみたいやけど、しょせんは副業の一環でしかなく、ロクでもない作品しかないように思えてしょうがないんやけど、どうなんやろね?!(苦笑)

というわけで、今回も豪華な役者に身内芸人をふんだんに(?)起用した“板尾作品”の感想は.......?!

月光ノ仮面   ★★☆☆☆   (2011年)

監督:板尾創路

出演:板尾創路、浅野忠信、石原さとみ、前田 吟、六角精児、國村 隼、木村祐一、平田 満、根岸季衣、宮迫博之、矢部太郎、柄本 祐、津田寛治、ドクター・中松

戦死したと思われていた人気落語家が復員したものの、本人は記憶を失っているらしく、師匠も許嫁も戸惑いながら男を迎え入れるのだが......ってなドラマ?!

いやぁ~、なんなんやろねぇ、これ?!(苦笑)

前作に引き続いて、主演を兼ねる監督さんは、特にセリフらしいセリフはしゃべらず、ひたすら演技に徹する(?)というか、趣味に走る.....というか.......。もともと芸人なわけやから、ドラマは本職の役者に任せてってのは一理あるんかもしれんけど、それやったら自分で出演する意味って、あまりないんと違うんかな??

それなりに雰囲気のある作り方はしてるものの、随所に意味不明な演出があったり、そもそも話にムリがあったりで、かなりシラケてもうた。

まぁ、芸人出の監督として先輩の“世界の(?)北野”を意識するのは分からんでもないんやけど、インパクト勝負でこられてもねぇ......(苦笑)

吉本製作の、お抱え芸人による自己満足の映画、どうなんやろねぇ......趣味の延長にしては、高価な遊びやねぇ?!

« 『人生、ここにあり!』 | トップページ | 『ただ君だけ』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事