« 『幸せパズル』 | トップページ | 『ダーク・シャドウ』 »

2012年7月 6日 (金)

『臨場 劇場版』

今日は、劇場で公開中の邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、テレビ朝日で2シーズンほどやってたドラマの劇場版なんよね。原作が『半落ち』や『クライマーズ・ハイ』の横山秀夫ってこともあってか、その骨太なドラマとキャラ立ちした登場人物で人気なんかな。

個人的には、同じテレビ朝日の『エースをねらえ!』ってドラマでのコーチ役以来、内野聖陽って役者が気になって、このドラマもちょくちょく見てたんよね。

ちなみに、テレビ朝日×内野聖陽というと『ゴンゾウ 伝説の刑事』ってのもあって、共演の本仮屋ユイカくんも含めて、テレ朝さん、是非ヨロシクってことで.......!(笑)

そんなわけで、かなり期待して観た作品の感想は........?!

臨場 劇場版   ★★★☆☆   (2012年)

監督:橋本 一

出演:内野聖陽、松下由樹、渡辺 大、平山浩行、益岡 徹、高嶋政伸、段田安則、若村麻由美、柄本 祐、平田 満、長塚京三、伊藤裕子

死者4人を出した通り魔事件、しかし犯人は心神喪失と判断され、罪に問われなかった。その2年後、裁判で被告を弁護した弁護士と、精神鑑定をした医者が、何者かに殺されるという事件が発生し、遺体を検視するのだが......ってな、テレビドラマの映画化作品?!

ちょっとアウトローな感じの検視官が、事件の真相に迫っていくってな話は、ドラマ版の雰囲気そのままに、主役の内野くんの“熱すぎる”演技でグイグイと引っ張っていくんよなぁ。

お馴染みの面々も出てきて、特にプライベートで散々な目にあってるらしい高嶋家の弟くんが出てくると、なんや同情というか、思わず“頑張れ”って言いたくなるやんね(笑)

そんな本編と関係のないところは置いといて、肝心の内容の方はというと、例によって一筋縄ではいかない事件の裏側を、“根こそぎ拾い”ながら解明していくあたり、いろいろとヒネリが効いてて楽しめたかな。

まぁ、ただちょっと消化不良な感もなきにしもあらずで、物足りなさはあるんやけど、それでも内野くんのキャラを堪能するのがこの作品のポイントなわけで、「俺のとは違うなぁ~」って言われたら、それである程度は満足してまうんよね?!(笑)

というわけで、TV版にハマった人なら十分楽しめるんと違うかな。TVか映画かは分からんけど、“その後”がありそうな含みのある終わり方が気になってもうて、ちょっと落ち着かんのやけど........?!

« 『幸せパズル』 | トップページ | 『ダーク・シャドウ』 »

映画」カテゴリの記事