« クリストファー・ノーラン的アメコミ調理法 ② 『ダークナイト』 | トップページ | 『理想の彼女と3日間で恋に落ちる方法』 »

2012年8月 5日 (日)

クリストファー・ノーラン的アメコミ調理法 ③ 『ダークナイト ライジング』

というわけで、今日はシリーズの最後を飾る作品を、ご紹介♪

ヒーローが輝くためには、最強の悪役が必要なわけで、前作のジョーカーに負けないくらいのキャラが作れるかが、この作品のポイントのひとつになるんやろうけど、その点については問題なしやったみたいやね。

その悪役を演じるトム・ハーディは、『インセプション』でもクリストファー・ノーランと仕事をしてて、現在は『マッド・マックス』の最新作の主役に抜擢されて、かなり注目されてるらしい。ちょっと前に紹介した『Black & White/ブラック&ホワイト』でも、いい味出してたしね!

アメリカでは、この作品を公開中の劇場で銃の乱射事件が起こって、犯人が“ジョーカー”を名乗ったらしく、おかげで公開前のキャンペーンが控えめになってもうたのが残念やったけど、それでも作品の質には関係ないわけで、しっかりと評価したいと思う。

というわけで、そんな作品の感想は......?!

ダークナイト ライジング / The Dark Knight Rises   ★★★★   (2012年)

監督:クリストファー・ノーラン

出演:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン、アン・ハサウェイ、トム・ハーディ、マリオン・コティヤール、ジョセフ・ゴードン=レヴィット

前作でのジョーカーとの壮絶なバトルを最後に、大切な人を失った喪失感もあり、表舞台から姿を消したバットマンだったが、新たな敵によって窮地に陥ったゴッサムシティを守るため、再び立ち上がる.....ってな、ノーラン監督によるバッドマンのシリーズ三部作の最終章?!

いやぁ~、今回も熱くて渋いドラマが、いい感じの緊張感の中で展開するんよね!

何がいいって、常連のキャストの変わらないキャラの良さと、悪役も含めて、そこに新たに加わった面々が、これまた強烈なインパクトで話を盛り上げてくれるんよなぁ。

それを今回も圧倒的な映像と効果的な音響を使いながら、巧みにひとつにまとめ上げ、観る側を引っ張っていくあたりがノーラン監督の真骨頂ってね!?

2時間46分も尺がありながら、気がついたら夢中になってもうて、時間が経つのを完全に忘れさせてくれる小気味よさ、もうたまらんです(笑)

完全無欠なヒーローやなくて、不幸な生い立ちから悲しみや苦しみを抱えつつも、悪を倒すために立ち上がる屈折したヒーローとその周りの人間関係ってのが、このドラマを人間臭くしてて、そんでもって一見クールでありながら、とことん熱く訴えかけてくるんやと思う。

まぁ、とりあえずは一旦終了ってことで、満足しながら“お疲れさん”って言いたいね!?(笑)

« クリストファー・ノーラン的アメコミ調理法 ② 『ダークナイト』 | トップページ | 『理想の彼女と3日間で恋に落ちる方法』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事

特集?!」カテゴリの記事