« 『わが命つきるとも』 | トップページ | 『悪い女』 »

2012年9月30日 (日)

『るろうに剣心』

今日は、劇場で公開中の作品の中から邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、原作は人気のコミックらしいんやけど、公開前は、その原作のファンから、配役も含めて色々と批判が上がってたやんね。まぁ、原作に思い入れが多い人がいればいるほど、その映画化ってのは難しいってのは、よくある話やし。

でも、公開してから興行成績も好調らしく、そういう意味では、原作ファンもとりあえずは納得jしてるんやろか?それとも、とりあえず観たけど“オイオイ”って感じなんやろか?原作をまったく知らないオヤジにとっては、よう分からんし、あまり関係のないことなんやけど.....。

個人的には、監督さんが『ハゲタカ』の人やってところに興味を引かれるわけで、NHKで時代ものの大河ドラマの演出をやったりもしてるから、その点で期待したんやけどね。

というわけで、そんな作品の感想は........?!

るろうに剣心   ★★★☆☆  (2012年)

監督:大友啓史

出演:佐藤 健、武井 咲、吉川晃司、蒼井 優、青木崇高、綾野 剛、江口洋介、香川照之、奥田瑛二、須藤元気、斎藤洋介、深水元基、田中偉登、平田 薫

幕末から明治へ、新しい時代が始まるなか、伝説の殺し屋として恐れられている男は、これ以上は人を斬らないという自らの誓いを守り、流浪の旅を続けていたのだが......ってな侍アクション映画?!

争いごとから距離を置き、斬れない刀を持って、穏やかに日々を過ごしていたが、たまたま小さな道場を営む若い女と知り合い、彼女を助けたことで、再び戦いに巻き込まれ.....ってなことで、なかなかテンポのいいアクションの連続で、2時間強という時間を感じさせないデキではあったかな。

まぁ、原作がコミックってことで、リアリティ云々を語っても意味がないんやろうけど、中途半端なセリフ回しや、茶髪やら金髪やらが“侍くずれ”を演じてる時点で、学芸会の延長のような気がしてもうて、「なんやろなぁ....」って思ってまうんよね(苦笑)

それでも、出てくるキャラはそれぞれにキャラ立ちしてて、そこが見どころにもなってるんで、その点はボチボチやったかな。

時代設定を真面目に考えることなく、単なる“時代劇風”のアクション映画とすれば、悪くないのかも。それにしても......あの人も、この人も、あんな人まで......“飛びます、飛びます♪”って......ちょっと笑える?!(笑)

« 『わが命つきるとも』 | トップページ | 『悪い女』 »

映画」カテゴリの記事