« 『セットアップ』 | トップページ | 『エージェント・マロリー』 »

2012年10月12日 (金)

『鍵泥棒のメソッド』

今日は、劇場で公開中の邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、巷の評判もなかなかみたいで、公開3週目に突入しても、依然として興行成績のランキングで10位以内をキープしてて、すこぶる快調ってとこなんかな。

この監督さん、アメリカ仕込み(アメリカの大学に留学し、映画を勉強してきた)らしく、ぴあ主催の映画賞に入選したことをきっかけにデビューしたんよね。

個人的には、その個性的なデビュー作から注目してたんやけど、そんな監督さんの新作の感想は........?!

鍵泥棒のメソッド   ★★★☆☆   (2012年)

監督:内田けんじ

出演:堺 雅人、香川照之、広末涼子、荒川良々、森口瑤子、小山田サユリ。木野 花、小野武彦

自殺を試みたが失敗した売れない役者、ちょっとミステリアスな腕利きの殺し屋、相手はいないものの、数か月後の結婚を決めている女編集長、交わるはずのなかった3人の人生が、ある出来事をきっかけに、思いもよらない方向に絡み合う........ってなコメディ映画?!

頭を打って一時的に記憶喪失となった殺し屋と、そんな男になりすます貧乏な役者、そこに“仕事”の依頼がきて、さてどうするってね。

なかなか意外性のある話の設定に、個性的な役者の演技、久しぶりに良質な邦画のコメディを観させてもらった気がしたかな。ツカミの部分から、どこかぶっきらぼうで、それでいて適度なヒネリがあって、うまくノセラレてもうた感じやね?!

まぁ、ちょっと“ヤリ過ぎ”な感もするものの、主演のふたりの上手さもあってか、飽きることなく細かく笑わせてもらったよ。

コメディとしては、爆笑の連続ってわけではないんやけど、少し調子のハズレたおもしろさがあって、どこかクセになってまいそうなところが、結果的に好印象になってるのかも。なかなか楽しめる一本やったね!?

限りなく4つに近い3つってことで、ほぼ“おススメ”な作品♪

« 『セットアップ』 | トップページ | 『エージェント・マロリー』 »

映画」カテゴリの記事