« 『伝説のロックスター再生計画!』 | トップページ | 『ジョン・カーター』 »

2012年10月16日 (火)

『落下する夕方』

今日は、ちょっと古めの邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、どういうわけか“行きつけ”のTSUTAYAの準新作のコーナーに置いてあって、主演のふたりの名前と、妙に気になるタイトルってこともあって、思わず手に取ってもうたんよ。

渡部くんや菅野くんあたりは、画面で見るとエラい若くて驚いたんやけど、それもそのはず12年も前の作品なんよね。ただ、原田くんに限っては、それほど変わった気がしないのが不思議やったんやけど.....(笑)

原作は江國香織の小説らしいんやけど、今回も原作はまったく知らず、まっさらな気持ちで観た作品の感想は........?!

落下する夕方   ★★★☆☆   (1998年)

監督:合津直枝

出演:原田知世、渡部篤郎、菅野美穂、国生さゆり、大杉 漣、木内みどり、浅野忠信、中井貴一、初瀬かおる

4年もの間、一緒に暮らしていた彼が、他に好きな人ができたと言って部屋を出て行き、ひとり取り残された彼女。そんなある日、彼が好きになった女が、一緒に住もうと転がり込んでくるのだが......ってな、ちょっと風変わりな恋のトライアングル?!

フラれた原因の女を追い出せず、そんな彼女に会うためにやって来る元カレ、別れても好きな気持ちは変わらず、複雑な心境で......ってな主人公を原田くんが好演してたかな。

そんでもって、ふたりの関係をかき乱す役の菅野くんは、下手ウマな演技が自由奔放なキャラに合ってた感じやった。

うまくいかない恋愛と、微妙でかつ絶妙な3人の男女の距離感、それを女性監督ならではの繊細な映像で包み込む、そんな作品は、なかなか悪くないかもね......まぁ、原田くんの“癒し”による効果が大きいんやろうけど......?!(笑)

« 『伝説のロックスター再生計画!』 | トップページ | 『ジョン・カーター』 »

映画」カテゴリの記事