« 『旅情』 | トップページ | 『ハンガー・ゲーム』 »

2012年10月 5日 (金)

『ゾンビアス』

今日は、ちょっと“トンデモな”邦画をひとつ、ご紹介....というか紹介したくないというか......(苦笑)

井口 昇って監督さんについては、これまでに“B級映画の巨匠”的な扱いで、過去の作品である『片腕マシンガール』『ロボゲイシャ』なんかを紹介してきたわけやけど、そんな監督さんが、ついにゾンビ映画を撮ったってことで、試しにレンタルで借りてみたわけ。

もう完全に個人の趣味の世界に突入してしまった感のある、その見事な潔さ、ホンマ、B級映画ってのは、こうやないとアカンよなぁって、気づかせてくれるんよね(苦笑)

というわけで、別に世のみなさんに紹介するほどのこともないとは思うんやけど、このズレた世界に興味のある人は......ってことで、作品の感想は......??

ゾンビアス / Azombie Ass: Toilet Of The Dead   ★★☆☆☆   (2011年)

監督:井口 昇

出演:中村有沙、菅野麻由、護 あさな、優希、ダニー、岸 建太朗、亜紗美、デモ田中、島津健太郎

高校の先輩に誘われて、人里離れた山奥にキャンプにやってきた女子高生。変なオヤジに襲われ、助けを求めてやってきた近くの村で彼女たちを待っていたのは........ってな、とっても下世話なゾンビ映画?!(笑)

いやぁ~、やってくれたでぇ。井口 昇、大したヤツやよなぁ。汲み取り式の便所のクソだめから出てくるゾンビって........この恐怖と衝撃を笑わずにはおれんって.....!?(笑)

そんなこんなで、全編エロとグロに徹底的にこだわった(?)作品は、間違っても家族団らんで食卓を囲んでる時に観れるようなシロモノやないことだけは間違いないんよね。これを商業映画として世に出してしまうあたりの思いきりと大胆さ、井口くん、恐るべしやわ.....(苦笑)

こんな作品に真剣に取り組んでる役者さんたちの頑張りに、ちょっと心打たれたりして........まぁ、間違っても人に薦められるようなものやないのが残念.....??(笑)

ちなみに、タイトルの”アス”は“ケツ”なわけで、横文字のタイトルに“トイレット・オブ・ザ・デッド”って付けてみたりするセンス、見事なB級加減やよなぁ.......!

« 『旅情』 | トップページ | 『ハンガー・ゲーム』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事