« 『るろうに剣心』 | トップページ | 『家族X』 »

2012年10月 1日 (月)

『悪い女』

今日は、劇場未公開の作品の中から、イスラエル映画をひとつ、ご紹介♪

“悪女”ってのは、歌の題名にもあるように、どこか危険な香りがするもんやんね。この作品の場合は、英語のタイトルが“The Slut”ってくらいやから、どこかオブラートに包んだ悪さよりも、より直接的な感じなんやろうけど?!(笑)

そんな作品は、監督が主演女優を兼ねてるってことで、女性の側から見た女の情念を映像化したってことなんかな?これ、本国イスラエルの映画祭では、最優秀女優賞にノミネートされたりしたみたいなんよ。

というわけで、作品の感想は.......?!

悪い女 / Ha-Notenet   ★★☆☆☆   (2011年)

監督:ハガル・ベン=アシャー

出演:ハガル・ベン=アシャー、イーシャイ・ゴーラン

美しいシングル・マザーの女は、娘を二人育てながら、村の複数の男と関係を持っていた。そんな彼女は、顔見知りの獣医の男と再会し、惹かれあうのだが.....ってな大人の恋愛ドラマ??

体の“飢え”を満たすために、男たちと体を重ねてきた女が、心優しい男と出会い、過去を清算できるのか、ってな欲望と愛情を天秤にかけるような話なんかな。

少ないセリフで、男女の関係を淡々と描いてくその手法は、強烈なエロスや熱い感情を表現するものではないんやけど、逆にその静けさの中に見え隠れする、心の迷いや抑えきれない渇きのようなものが印象的に映るのかもね。

そういう意味では印象的な作品ではあるんやけど、ただ、やっぱり虚しさだけしか残らない、どこか殺伐としたドラマは、観てて楽しいものやないし、最後にドッと疲れが出てもうたんで2つということで......?!(苦笑)

« 『るろうに剣心』 | トップページ | 『家族X』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事