« 『家族X』 | トップページ | 『旅情』 »

2012年10月 3日 (水)

『預言者』

今日は、フランス映画をひとつ、ご紹介♪

この作品の監督をしてるジャック・オーディアールってひと、結構、好きなんよね。あんまり作品数は多くないんやけど、前作の『真夜中のピアニスト』なんかでも、フランス人監督ならではの繊細な描写と独特の雰囲気を作品のなかで表現してると思う。

そんな監督さんの今回の作品は、2009年のセザール賞(フランスのアカデミー賞)で主要部門を独占し、カンヌ映画祭でもパルム・ドールは獲得できんかったものの、審査員特別グランプリを受賞し、その他各国で様々な賞を手にしたんやって。

というわけで、そんな作品の感想は........?!

預言者 / Un Prophete   ★★★★   (2009年)

監督:ジャック・オーディアール

出演:タハール・ラヒム、ニエル・アレストリュプ、アデル・バンシェリフ、ヒシャーム・ヤクビ

6年の刑を宣告され、刑務所に入ったアラブ系フランス人の青年は、所内を仕切るコルシカ・マフィアに目を付けられ、無理やり、ある男を殺すよう仕向けられる。その仕事をきっかけに、刑務所の中での自分の居場所を見つけていくのだが.......ってな、バイオレンス&サスペンス?!

いやぁ~、なかなかスゴイわ、これ。コルシカ・マフィアとアラブの対立のなか、ナイーブな青年が様々な修羅場をくぐりながら徐々に権力の中枢に食い込み、成り上がっていく様を描いてるんやけど、ドラマの舞台が舞台だけに、緊張感のなかでスリリングな話が展開していくんよね。

野心的な主人公を演じたタハールくんは、各方面でその演技が絶賛されたらしいんやけど、それも納得やったし、脇役の存在感も抜群なところが、更に話を盛り上げるんやろうと思う。

2時間半の尺でありながら、時間を感じさせない怒涛の展開のドラマに、手に汗握りながら、ただただ夢中になってもうたよ!?(笑)

« 『家族X』 | トップページ | 『旅情』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事