« 『チェンジ・アップ/オレはどっちで、アイツもどっち!?』 | トップページ | 『星の旅人たち』 »

2012年11月13日 (火)

『リボルバー 青い春』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

邦画といっても、これ、どうやらオリジナルビデオってことらしく、劇場で公開されるようなものではないらしいんよね。実は、ちょっと前に新井浩文がゲストで出演してた番組で、彼のデビュー作の『青い春』って映画が紹介されてて、それを観たいと思ってたら、間違ってこの作品を手にしてもうたんよ(苦笑)

それでも、最近、個人的に見直しの機運の高まってる森山くんの初期作品ってことで、まぁ、これはこれで試してみるかってなとこやったんやけど........。

というわけで、料理の鉄人で加賀丈史の後釜に座ったイケメン(?)俳優の玉木くんの、意外な演技が見れる作品の感想は........?!(笑)

リボルバー 青い春   ★★☆☆☆   (2003年)

監督:渡辺 武

出演:玉木 宏、森山未來、佐藤隆太、前田綾花、近藤公園、大杉 漣

やりたいこともなく、ただ漠然と日々を過ごしている3人の男子高校生が、ある日、3発の銃弾の入った拳銃を手にしたことで起こる騒動を描いた......青春ドラマ??

何者かによって手渡された一丁の拳銃、それを使って何かデカいことをしようと考え、とりあえず銃弾を買うために新宿の歌舞伎町に向かった3人は、それぞれに貴重な経験をし.......ってことで、なんとも締まりのない話が展開するんよね。

主演の3人のキャラを活かして、青春の1ページを鮮烈にってことなんやろうけど、どうにもピンとくるものがなかったかな。

それでも、大杉くんと森山くんの絡みは、なかなかオモロイものがあったんやけど。主演の若手3人を見比べると、後の2人がヒドイせいか、森山くんの演技がまともに見えたね(笑)

結局のところ、最後のくだりもどこか唐突で、必然性に欠ける気がしてもうて、映像の撮り方も含めて、いろいろとイマイチな感じやった?!

« 『チェンジ・アップ/オレはどっちで、アイツもどっち!?』 | トップページ | 『星の旅人たち』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事