« 『孤島の王』 | トップページ | 『悪の教典』 »

2012年11月22日 (木)

『WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々』

今日は洋画をひとつ、ご紹介♪

この作品、海外の賞レースでは、かなり高評価やったらしく、インデペンデント・スピリット賞だとか、そこそこ名の知れた賞にノミネートされてたんよね。役者出身の監督さんは、脚本家としてもアカデミー賞にノミネートされたり、なかなか名の知れた人なんよ。ずい分前に紹介した『扉をたたく人』の監督さんは、この人なんよね。

そんな監督さんは、若い頃にレスリングをやってたらしく、この作品は、そんなバックグラウンドから生まれたみたいで、レスリングのシーンには相当なこだわりがあるんやって。天才少年の役を演じるシェイファーくんは、実際にかなり強いレスリング選手やったらしい。

というわけで、そんな作品の感想は.........?!

WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々 / Win Win   ★★★☆☆   (2011年)

監督:トム・マッカーシー

出演:ポール・ジアマッティ、エイミー・ライアン、ボビー・カナヴェイル、ジェフリー・タンバー、バート・ヤング、メラニー・リンスキー、アレックス・シェイファー、デヴィッド・トンプソン、マーゴ・マーティンデイル

高齢者を相手に商売をしている弁護士の男は、不況で思うように仕事がなく、失業の危機に。しかもコーチをしている高校のレスリング部は負け続き。そんな時、クライアントである軽い認知症を患った老人の後見人になり、施設に入れて報酬を得ようとするが、老人の孫が現れ......ってなドラマ?!

下心を隠し、軽い気持ちで請け負った後見人、思わぬ副産物まで付いてきて、うまく行かなかった人生が、急に上向いてきたと思ったら、事態は複雑な方向に.......ってことで、ひとりの青年との出会いから人生の転機を迎えるオヤジを描いたドラマってとこなんかな。

小粒ながら、それほど悪くない話ではあるんやけど、ちょっと感動的なものを期待してただけに、ラストが尻すぼみな感じがしてもうて、盛り上がりきらんかったかなぁ。

個人的には、もう少しスパイスが効いててもエエかなぁって思うんやけど、まぁ、地味ながら、良心的なドラマってことなんやろうね?!

« 『孤島の王』 | トップページ | 『悪の教典』 »

映画」カテゴリの記事