« 『プレイヤー』 | トップページ | ダニエルくんとジェームズ・ボンド ① 『007 カジノ・ロワイヤル』 »

2012年11月30日 (金)

『カラスの親指』

今日は、劇場で公開中の作品の中から、ちょっと話題になってる(?)邦画をひとつ、ご紹介♪

『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』『テルマエ・ロマエ』と、出演作のヒットが続く阿部 寛なわけやけど、そんな彼の新作に芸人の村上ショージが共演するって聞いただけで、関西人としては得体の知れない不安を覚えるわけやけど、いつも行く109シネマでやってた映画の宣伝で、相変わらずの“笑えない”スベリ芸を見せつけられると、オイオイってツッコミを入れるのも忘れてまうくらい、脱力やったんよね?!(苦笑)

そんなショージくんは、関西では明石家さんまと間 寛平にかわいがられ(?)て、ニッチなところで頑張ってますってな感じなわけやけど、当然ながら関東でウケるようなものでもなく.......そんな彼が演技するって言われてもなぁ.......なんて思うわけ。

そんな底の見えない不安を抱えつつ、とりあえず評判の良さだけを心の支えに観に行った作品の感想は........?!

カラスの親指   ★★★☆☆   (2012年)

監督:伊藤匡史

出演:阿部 寛、村上ショージ、石原さとみ、能年玲奈、小柳 友、鶴見辰吾、ベンガル、ユースケ・サンタマリア、戸次重幸、なだぎ武、古坂大魔王

辛い過去を持つ詐欺師の男と、ちょっと間抜けな相棒は、街で偶然出会った少女を助けたことで、彼女の姉とその恋人の青年と5人で暮らすことに.........ってなコメディ調のサスペンス・ドラマ?!

過去に追われる男と過去の苦しみから抜け出せないでいる姉妹、ささやかな幸せのひと時を奪われた彼らが仕掛ける大勝負とは.......ってな感じなんやけど、特に驚くような詐欺の手口が見られるわけでもなく、どちらかと言うと、途中までは淡々と小粒な笑いのドラマが展開するんよね。

ただ、そんな“ちょっとマッタリ”なユルさから、最後への持って行き方が、なかなかエエんよなぁ?!

どう見てもアンバランスな阿部くんとショージのコンビ自体が、映画のキャスティングとして“詐欺やろう”って思ったんやけど、これが全体の“ユルさ”に妙にマッチしてたりして(笑)

芸人としても常に中途半端なショージくんは、演技もド素人なわけやけど、そんな違和感がシックリきてまうってことで、これはこれでアリなんかもなぁ。

というわけで、すごく感動するとか、痛快というわけやないんやけど、何となくホノボノしてて温かい気分にさせてくれる作品は、なかなか良心的なデキなんかも?!

« 『プレイヤー』 | トップページ | ダニエルくんとジェームズ・ボンド ① 『007 カジノ・ロワイヤル』 »

映画」カテゴリの記事