« 『ブラック・ブレッド』 | トップページ | 『クリスマスのその夜に』 »

2012年12月21日 (金)

『HOME 愛しの座敷わらし』

今日は、邦画をひとつ、ご紹介♪

最近の水谷 豊というと、やっぱり「相棒」シリーズの杉下右京ってイメージやんね。しばらく2時間もののサスペンスご用達の俳優やったのが、再ブレイクしたって感じなんかな。個人的には、若い頃の「熱中時代」の小学校の先生役が、“ボクの先生はぁ~、フィーバー~♪”って主題歌とともに、今でも頭に残ってるんやけどね!(笑)

そんな水谷くんが相棒シリーズの監督さんと作ったのが、この作品ってことで、他にも注目の若手女優の橋本 愛や、すっかりカムバックした安田くんなんかが出演してるってことで、それなりに話題の作品ってことなんかな。

とういわけで、そんな作品の感想は........?!

HOME 愛しの座敷わらし   ★★★☆☆   (2012年)

監督:和泉聖治

出演:水谷 豊、安田成美、橋本 愛、濱田龍臣、草笛光子、飯島直子、草村礼子、佐々木すみ江、菅原大吉、段田安則、梅沢富美男、宇津井 健、石橋蓮司、長嶋一茂、高島礼子、沢木ルカ、スザンヌ

左遷されて東京から盛岡に転勤になり、田舎の古民家に一家で引っ越したものの、慣れない仕事に苦労し、妻も不満たらたら、娘にも文句を言われる始末。そんな家には、家族以外にも住人が.......ってな家族ドラマ?!

思う所があって、半ば強引に家族を巻き込んで始まった田舎暮らし、戸惑いながらも、やがて家族の絆が深まり.....ってなことを、ホンワカと描くってところなんかな。

軽いタッチの作りながら、それぞれに問題を抱える家族が、団結するってな話は、それなりに心温まる内容ではあったかな。

個人的には、安田くんの“妻っぷり”がツボやった。夫を支えつつ、家族をまとめるあたり、なかなか癒しがあって、良かったなぁ......!?

マッタリと楽しめる作品で、家族の大切さが伝わるってなことで、悪くはなかったんやけど、ちょっと終わり方が“いかにも”な感じで、興ざめしてもうた。アレをやってまうと、単に“スザンヌはイタイ娘”って印象しか残らんやんか........まぁ、間違ってないんかもしれんけど......?!(笑)

« 『ブラック・ブレッド』 | トップページ | 『クリスマスのその夜に』 »

映画」カテゴリの記事