« 『三国志英傑伝 関羽』 | トップページ | 『逆転裁判』 »

2012年12月27日 (木)

『ワン・デイ 23年のラブストーリー』

今日は、ラブ・ストーリーをひとつ、ご紹介♪

この作品の監督さんは、キャリー・マリガンを一躍メジャーにした『17歳の肖像』を撮ったデンマークのひとで、最近、調子の上がってるアン・ハサウェイをヒロインに迎えて、ベスト・セラー小説を映画化ってことらしい。

アン嬢の相手役を務めるジム・スタージェスと言えば、イギリスの俳優さんで、『アクロス・ザ・ユニバース』で注目されたものの、その後、少し伸び悩みぎみな印象かな。

そんな主役のふたり以外に、個人的に注目なのは、イギリスの個性派俳優のティモシー・スポールの息子が出てるってことやったりして......まぁ、誰も気にもせんとは思うんやけど(笑)

そんなわけで、クリスマスも(淡々と過ぎて、特に盛り上がることなく)終わり、気分だけでもチョットはロマンチックに、なんて思ったわけやないんやけど、何となくTSUTAYAで手にした作品の感想は.........?!

ワン・デイ 23年のラブストーリー / One Day   ★★★☆☆   (2011年)

監督:ロネ・シェルフィグ

出演:アン・ハサウェイ、ジム・スタージェス、パトリシア・クラークソン、ケン・ストット、ロモーラ・ガライ、レイフ・スポール、トム・マイソン、ジョディ・ウィッテカー、ジョージア・キング

大学の卒業式の日に知り合った、真面目で作家志望の彼女と遊び人の彼、互いに惹かれるものを感じながら、友人として付き合いを持つようになったふたりのそれからの関係を、出会った7月15日という1年のうちの1日に焦点を当てて描くラブ・ストーリー?!

友だち以上、恋人未満、そんなふたりは、互いに悩みを打ち明け、時にはぶつかり合いながら、それぞれの人生を生きて行く、そんな中で気持ちを確かめ合い.....ってなことで、それなりのデキにはなってたかな。

途中まで、あまりにもナンパすぎる彼にオイオイって思ったんやけど、上手くまとまった話ではあったかも。まぁ、ある1日からその前後を想像せなアカンから、ちょっと消化不良な気分になるってのはあるんやけど。

人生において忘れられない出会い.......ちょっと分からんでもないなぁ.......イカン、感傷的になってもうた?!(苦笑)

« 『三国志英傑伝 関羽』 | トップページ | 『逆転裁判』 »

映画」カテゴリの記事