« ダニエルくんとジェームズ・ボンド ① 『007 カジノ・ロワイヤル』 | トップページ | ダニエルくんとジェームズ・ボンド ③ 『007 スカイフォール』 »

2012年12月 1日 (土)

ダニエルくんとジェームズ・ボンド ② 『007/慰めの報酬』

続いては、シリーズ第22作目にあたる、ダニエルくん主演の第2作目の感想を、ご紹介♪

これまでのボンドものは、それぞれの作品が1話完結やったんやけど、今回は、前作の直後から始まるっていう、ちょっと異例の構成やったんよね。

前作が好評やったのに気をよくしたのか、シリアス路線を突き進むダニエルくんと仲間たちってなことで、この作品も、世間的にはかなりの話題作になってたっけ。

新たなファン層を獲得するためには、これはこれでアリなんかなぁ........なんて思いつつ、どこか淋しさを噛みしめながら(?)鑑賞した作品の感想は........?!(笑)

007/慰めの報酬 / Quantum Of Solace   ★★★☆☆   (2008年)

監督:マーク・フォスター

出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アルマリック、ジュディ・デンチ、ジェフリー・ライト、ジェマ・アータートン、グレン・フォスター、イェスパー・クリステンセン

ダニエルくんになってから2作目の007は、前作で最愛の女性を殺されたボンドが、怒りと悲しみを胸に、復讐を誓うのだが.......ってな感じで、前作のその後を描いた続き物!?

今回も、激しいカーチェイスにボートでの水上バトル、そんでもって飛行機まで出てきて、ボンド映画らしく、これでもかってくらいにアクションてんこ盛りやったね♪(笑)

そんなハードなアクションをこなしながら、悪事を企む敵を追い詰めろってなことで、話の根底にある流れってのは、まさにボンド映画なんやけど.......。

このリアリティを重視した新シリーズも2作目になると少し慣れが出てきて、まぁ、それほど悪くはないとは思いつつも、自分の中の思い入れってのが邪魔して、どうしても素直に受け入れられへんのよなぁ。

ダニエルくんの苦みばしった表情は、どうみても余裕ナシやし、動きにユーモアもなく、自分の思い描くボンドのイメージとは、やっぱり違うんよ(苦笑)

意表をつく新兵器もなければ、思わずツッコミたくなるような、“ありえない”悪の野望もないし......ワクワク感が......。それに、やたらと現場に顔を出す“出しゃばり”Mの無用心さも気になったりして......(笑)

全体的に作品に“遊び心”がないために、単なるアクション映画になってしまってる感じで、まぁ、確かに迫力のあるアクションやから、それに文句はないんやけど、これがジェームズ・ボンドやって言われても、やっぱりどこか違和感がなぁ.......。

« ダニエルくんとジェームズ・ボンド ① 『007 カジノ・ロワイヤル』 | トップページ | ダニエルくんとジェームズ・ボンド ③ 『007 スカイフォール』 »

特集?!」カテゴリの記事