« ダニエルくんとジェームズ・ボンド ② 『007/慰めの報酬』 | トップページ | 『今日、キミに会えたら』 »

2012年12月 2日 (日)

ダニエルくんとジェームズ・ボンド ③ 『007 スカイフォール』

今日は、ダニエル・クレイグ版007の最新作を、ご紹介♪

この作品、アメリカでの興行成績も順調に滑り出したってこともあって、昨日は映画の日ってのもあったんやろうけど、劇場はほぼ満席やった。

今回は、監督にケイト・ウィンスレットのダンナであるサム・メンデスを迎えて、前2作の好調を受けて、更に躍進をってことで、製作側も相当の気合いやったんやろなぁ(笑)

ただ、メンデス監督のこれまでの作品を見ると、最初の『アメリカン・ビューティー』以降は、『ロード・トゥ・パーディション』、『ジャーヘッド』、『レボルーショナリー・ロード/燃え尽きるまで』と、ちょっと迷走気味なところが気にはなるんやけど。

なにはともあれ、そんな巷の期待を一身に受けた作品の感想は........?!

007 スカイフォール / Skyfall   ★★★☆☆   (2012年)

監督:サム・メンデス

出演:ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ベニレス・マーロウ、アルバート・フィニー、ベン・ウィショー、ジュディ・デンチ

世界各地に送り込まれたMI-6の諜報部員のリストが何者かに盗まれ、それを追うボンドだったが........ってことで、ダニエルくん扮する007シリーズの第3弾?!

悪役をハビエルくんが演じるってことで、ちょっとワクワクする気持ちもなくもなかったんやけど.......う~ん、これどないなんやろ(苦笑)

前作までは、それなりにアクションで楽しませてくれてたんやけど、今回は、部分的には、いつもながらの迫力はあったものの、畳み掛けるような勢いがないんよね。途中の話の流れがかったるくて、正直、2時間半近くやるような内容やないんと違うかなって思ってもうた。

ダニエルくんは、歴代のボンドにならって、必死に軽口を叩くんやけど、シリアスで強面すぎる彼では、相変わらずまったく“粋”を感じないんよなぁ(苦笑)

それと、このシリーズに一貫してることなんやけど、ジュディ・デンチをキャスティングしたことで、Mが出しゃばりすぎてて、主役の存在感がなくなってまうところがどうもなぁ。マザコン的要素を007の作品に注入されても........??

プロットも練られてるように見えて、実にお粗末でツッコミどころ満載やし。どうせツッコませるなら、かつてのように荒唐無稽に大風呂敷を広げた方が、よっぽど楽しめると思うんやけど(笑)

秘書のマネーペニーも小道具担当のQも、まったくこれまでの良さを無視してもうてるし、もうボチボチこのシリアス路線に付き合うのも限界かも.......なんて思ったりして?!(苦笑)

« ダニエルくんとジェームズ・ボンド ② 『007/慰めの報酬』 | トップページ | 『今日、キミに会えたら』 »

特集?!」カテゴリの記事